講談社ミステリーランド

講談社ミステリーランド(こうだんしゃミステリーランド、: MYSTERY LAND)は、講談社が2003年から2016年にかけて発行していた書籍レーベル。

概要編集

コンセプトは、「かつて子どもだったあなたと少年少女のための――」。講談社文芸図書第三出版部(通称文三)の名物編集者であった宇山日出臣による企画。

ブックデザインは、すべて祖父江慎が手がけている[1]。シリーズはすべてハードカバーで、箱入り・クロス装である。箱に開いた穴から表紙の一部が見られるデザインになっている。本文は、精興社明朝を使用している[2]。本体価格は2000円程度。

各作品の多くは、ノベルスでも発売されている。山口雅也「ステーションの奥の奥」のようにノベルス版では改題されたものもある。

作品はすべて書き下ろし。「第○回配本」(○は漢数字)として発行されている。児童向けの書籍のため、字は大きめで、ルビも振ってあり、平仮名が多めである。当初は3か月ごとに3作ずつ刊行される予定であった。

また、装丁に使用していた用紙が製造中止になったため[3]、シリーズは2009年7月の第16回配本以降途絶えていたが、2011年3月に第17回配本があった。当初は同年夏に第18回配本がなされる予定であった[4]が、実際には2016年12月に、恩田陸が著したレーベル完結作となる『七月に流れる花』と『八月は冷たい城』をもって第18回配本が行われた[5]

作品一覧編集

著者 / イラスト担当者の順で記述。

第1回 - 第10回編集

第11回 - 第18回編集

  • 第11回配本(2006年11月)
    • ステーションの奥の奥(山口雅也 / 磯良一) - (講談社ノベルス 『古城駅の奥の奥』に改題、2009年10月7日)
  • 第12回配本(2007年3月)
    • 酸素は鏡に映らない(上遠野浩平 / toi8) - (講談社ノベルス 2011年5月10日)
  • 第13回配本(2007年7月)
    • ぐるぐる猿と歌う鳥(加納朋子 / 久世早苗) - (講談社ノベルス 2010年5月7日)
  • 第14回配本(2008年8月)
    • 野球の国のアリス(北村薫 / 謡口早苗)
  • 第15回配本(2009年3月)
    • トレジャー・キャッスル(菊地秀行 / 鈴木康士)
  • 第16回配本(2009年8月)
  • 第17回配本(2011年3月)
  • 第18回配本(2016年12月)

受賞編集

脚注編集

  1. ^ 【豪華レーベル完結作】大人も子どもも楽しめる、極上のダークファンタジー!|今日のおすすめ|講談社BOOK倶楽部
  2. ^ 第13回 圧巻の200冊、祖父江慎+cozfish展 | DNP 大日本印刷株式会社
  3. ^ 篠田真由美の2010/4/8日記([1]
  4. ^ 『眠り姫とバンパイア』我孫子武丸 / 『夜の欧羅巴』 井上雅彦”. 講談社. 2017年1月8日閲覧。
  5. ^ 『七月に流れる花』『八月は冷たい城』恩田陸”. 講談社. 2017年1月8日閲覧。
  6. ^ 栃木県宇都宮市の市立図書館が主催する文学賞。小学5・6年生が「友達にすすめたい本」として選ぶ。(宇都宮市図書館HP

外部リンク編集