メインメニューを開く

谷本 育実(たにもと いくみ、1984年6月2日 - )は、愛知県安城市出身の、日本人の元・女子柔道選手である。階級は63kg級。身長159cm。得意技は払腰、袖釣込腰、内股。組み手は右組み。段位は四段。血液型はA型[1]。現在はコマツ女子柔道部に所属してコーチを務めている[2]。姉はオリンピックの柔道63kg級で2連覇を達成した谷本歩実[3]

獲得メダル
日本の旗 日本
柔道
世界団体
2010 アンタリヤ 63kg級
グランドスラム
2009 東京 63kg級

人物編集

7歳の時に柔道を始める[1]桜丘高校3年の時に、全日本ジュニアの63kg級で3位に入る。高校卒業後コマツに入社して、今度は2位となる。 その後暫くはこれと言った活躍はなかったが、2009年の実業柔道選手権で優勝すると、講道館杯でも3位に入り、グランドスラム・東京では決勝で世界チャンピオンの上野順恵に敗れるものの2位となる。

2010年は体重別の準決勝で田中美衣に敗れ、世界選手権代表にはなれなかったが、9月にはワールドカップ・タシュケントを制して久々の国際大会優勝を飾る。さらに11月には講道館杯に出場して初優勝を果たす[4]

引退後はコマツのコーチとなった。とりわけ、コマツに所属している台湾の連珍羚の専属コーチとなったことから、2016年のリオデジャネイロオリンピックには台湾代表チームのコーチとして参加した[5]

戦績編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集