メインメニューを開く

谷衛やす

本来の表記は「谷衛昉」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

谷 衛昉(たに もりやす)は、江戸時代後期の大名丹波国山家藩の第11代藩主

 
谷 衛昉
Tani Moriyasu.jpg
谷衛昉
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 文化8年4月14日1811年6月4日
死没 明治17年(1884年5月29日
官位 従五位下出羽
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉家慶
丹波山家藩
氏族 青木氏谷氏
父母 父:青木一貞
養父:谷衛弥
兄弟 青木重龍、衛昉、男子三人、青木一興小出英明室(後石河光晃室)
正室北条氏喬の娘
継室織田信陽の娘
継々室秋田孝季の娘
衛金衛宜、娘(谷衛弼正室)、娘(谷衛滋正室)、定子(橋本実梁室)、娘(上杉勝道正室)
養子衛弼

生涯編集

文化8年(1811年)、摂津国麻田藩10代藩主・青木一貞の次男として誕生。伊予国宇和島藩主・伊達村年の曾孫に当たる。

文政3年(1820年)、谷衛弥の跡を受け家督を相続する。文政10年12月16日、従五位下・出羽守に叙任する。弘化2年(1845年)9月5日、隠居し、養子・衛弼に家督を譲る。

明治17年(1884年)、死去。