メインメニューを開く

豊乃國 大地(とよのくに だいち、1979年5月23日 - )は、新潟県新潟市中央区出身、時津風部屋に所属していた元大相撲力士。本名は、南大地(みなみ だいち)。身長181cm、体重150kg。最高位は東十両13枚目(2004年11月場所)、血液型A型、双子座。

豊乃國大地 Sumo pictogram.svg
Toyonokuni 08 Sep.JPG
基礎情報
四股名 豊乃國 大地
本名 南 大地
生年月日 (1979-05-23) 1979年5月23日(40歳)
出身 新潟県新潟市中央区
身長 181cm
体重 150kg
BMI 45.79
所属部屋 時津風部屋
得意技 突き、押し
成績
現在の番付 引退
最高位 東十両13枚目
生涯戦歴 409勝354敗15休(111場所)
優勝 幕下優勝1回
データ
初土俵 1995年11月場所
引退 2013年9月場所
備考
2013年7月21日現在

目次

来歴編集

幼い頃から相撲をはじめ、中学3年の夏には時津風部屋に体験入門。その縁で中学卒業と同時に時津風部屋に入門した。1995年(平成7年)3月場所に初土俵を踏んだ。初土俵から2年半で幕下に昇進。この頃から期待のホープとして将来を嘱望された。しかし、小兵であったためなかなか力を発揮することが出来ず、幕下上位で苦労した。体重も段々増えだし、2003年(平成15年)には幕下上位でも安定した成績を残せるようになった。首の怪我の影響で、幕下下位に番付を落としたが、2004年(平成16年)7月場所に幕下優勝を果たした。

2004年(平成16年)9月場所には東幕下2枚目まで番付を上げ、5勝2敗と勝ち越し、翌11月場所には十両に昇進した。突き押し相撲で期待されたが6勝9敗と負け越し、1場所で幕下に陥落した。2008年(平成20年)2月29日、時津風部屋力士暴行死事件の傷害致死容疑で書類送検され、3月6日に春場所の出場停止処分を受けたが、不起訴処分となった。最後の本場所となった2013年(平成25年)9月場所は東幕下50枚目の地位で5勝2敗の成績を残し、有終の美を飾る形で引退した(ただし引退届の提出が場所後の番付編成会議に間に合わず、11月場所の番付にも名前だけは残る[1])。今後は浜松市内のちゃんこ店で修業し、新潟市内の実家の飲食店を引き継ぐ予定だという。断髪式は10月6日に東京・両国の料理店で行う模様である。[2]

主な成績編集

通算成績編集

  • 通算成績:409勝354敗15休(111場所)
  • 十両成績:6勝9敗(1場所)

各段優勝編集

  • 幕下優勝:1回(2004年7月場所)

場所別成績編集

 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          
豊乃國 大地
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1995年
(平成7年)
x(前相撲)東序ノ口36枚目
5–2 
東序二段172枚目
5–2 
東序二段121枚目
6–1 
東序二段40枚目
4–3 
1996年
(平成8年)
東序二段16枚目
4–3 
東三段目96枚目
4–3 
東三段目77枚目
4–3 
西三段目57枚目
4–3 
西三段目40枚目
5–2 
西三段目12枚目
3–4 
1997年
(平成9年)
西三段目28枚目
5–2 
西三段目4枚目
2–5 
東三段目33枚目
5–2 
東三段目5枚目
4–3 
東幕下55枚目
5–2 
西幕下35枚目
5–2 
1998年
(平成10年)
東幕下21枚目
1–6 
西幕下49枚目
4–3 
東幕下41枚目
2–5 
西三段目4枚目
5–2 
東幕下42枚目
3–4 
東幕下52枚目
4–3 
1999年
(平成11年)
西幕下41枚目
5–2 
西幕下26枚目
3–4 
西幕下37枚目
4–3 
西幕下28枚目
5–2 
西幕下14枚目
3–4 
東幕下21枚目
4–3 
2000年
(平成12年)
西幕下15枚目
6–1 
西幕下4枚目
3–4 
西幕下8枚目
2–5 
西幕下21枚目
4–3 
東幕下17枚目
4–3 
西幕下10枚目
4–3 
2001年
(平成13年)
西幕下8枚目
3–4 
東幕下15枚目
2–5 
西幕下26枚目
休場
0–0–7
西幕下26枚目
5–2 
西幕下13枚目
3–4 
西幕下20枚目
6–1 
2002年
(平成14年)
東幕下7枚目
4–3 
西幕下3枚目
3–4 
西幕下6枚目
4–3 
西幕下2枚目
3–4 
西幕下7枚目
3–4 
東幕下15枚目
3–3–1 
2003年
(平成15年)
西幕下21枚目
3–4 
西幕下32枚目
5–2 
東幕下19枚目
5–2 
西幕下8枚目
5–2 
西幕下3枚目
2–5 
東幕下16枚目
2–5 
2004年
(平成16年)
西幕下28枚目
1–6 
西幕下54枚目
4–3 
東幕下47枚目
4–3 
東幕下40枚目
優勝
7–0
西幕下2枚目
5–2 
東十両13枚目
6–9 
2005年
(平成17年)
西幕下2枚目
4–3 
東幕下筆頭
2–5 
東幕下9枚目
3–4 
西幕下14枚目
2–5 
西幕下30枚目
3–4 
東幕下39枚目
3–4 
2006年
(平成18年)
東幕下47枚目
6–1 
東幕下20枚目
5–2 
東幕下12枚目
3–4 
東幕下18枚目
2–5 
西幕下33枚目
4–3 
西幕下27枚目
3–4 
2007年
(平成19年)
西幕下35枚目
3–4 
西幕下47枚目
6–1 
東幕下20枚目
3–4 
西幕下26枚目
2–5 
西幕下42枚目
4–3 
西幕下34枚目
5–2 
2008年
(平成20年)
西幕下21枚目
5–2 
東幕下13枚目
出場停止
0–0–7
東幕下54枚目
3–4 
東三段目6枚目
5–2 
東幕下47枚目
3–4 
西幕下57枚目
3–4 
2009年
(平成21年)
西三段目14枚目
4–3 
西三段目4枚目
4–3 
東幕下58枚目
5–2 
東幕下35枚目
4–3 
東幕下29枚目
3–4 
東幕下38枚目
5–2 
2010年
(平成22年)
西幕下26枚目
3–4 
東幕下34枚目
4–3 
西幕下27枚目
4–3 
西幕下23枚目
3–4 
東幕下30枚目
4–3 
東幕下24枚目
1–6 
2011年
(平成23年)
西幕下50枚目
4–3 
八百長問題
により中止
西幕下42枚目
2–5 
西幕下51枚目
5–2 
東幕下35枚目
6–1 
東幕下14枚目
3–4 
2012年
(平成24年)
東幕下21枚目
4–3 
東幕下15枚目
2–5 
西幕下29枚目
5–2 
東幕下18枚目
3–4 
西幕下25枚目
5–2 
東幕下16枚目
4–3 
2013年
(平成25年)
西幕下13枚目
2–5 
東幕下24枚目
1–6 
東幕下58枚目
3–4 
東三段目10枚目
5–2 
東幕下50枚目
5–2 
西幕下30枚目
引退
0–0–0
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴編集

  • 南 大地(みなみ だいち)1995年3月場所-2001年11月場所
  • 豊乃国 大地(とよのくに -)2002年1月場所-2003年9月場所
  • 豊乃國 大地(とよのくに -)2003年11月場所-2007年1月場所
  • 時双津 大地(ときふたつ -)2007年3月場所-2007年11月場所
  • 豊乃國 大地(とよのくに -)2008年1月場所-2013年9月場所

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 元十両豊乃国が引退届提出 SANSPO.COM 2013年10月2日
  2. ^ 豊乃国引退表明「悔いはないです」10・6断髪式 スポニチアネックス 9月29日(日)7時0分配信

関連項目編集

外部リンク編集