赤橋登子

日本の南北朝時代の女性、足利尊氏の正室

赤橋 登子(あかはし とうし[1] / なりこ[2][註 1]徳治元年(1306年) - 正平20年5月4日1365年5月25日))は、日本の鎌倉時代から南北朝にかけての女性。室町幕府初代将軍足利尊氏正室

目次

系譜編集

北条氏一族では得宗家に次ぐ高い家格を有した赤橋家の出身。父は北条久時、母は北条宗頼の娘[3]。兄には、鎌倉幕府の最後の執権となった守時(同母兄)、最後の鎮西探題となった英時などがいる。

夫は足利尊氏(高氏)。息子に室町幕府第2代将軍・足利義詮、初代鎌倉公方足利基氏、娘に鶴王がいる。

生涯編集

幕府では北条氏に次ぐ高い地位にあり、代々の当主が北条氏一族と婚姻関係を結んできた有力御家人足利氏の跡取り息子であった高氏(のちの尊氏)に嫁ぎ、嫡男千寿王(後の義詮)を産んだ。

元弘3年(1333年)に夫・高氏が、後醍醐天皇の呼びかけに応じた叛乱勢力の鎮圧のため総大将として出陣した際には、千寿王とともに人質として鎌倉にとどめ置かれたという(『太平記』)。その後、夫が叛乱勢力に合流すると母子は鎌倉を脱出したが、入れ違いに新田義貞が率いる叛乱軍によって鎌倉は攻め落とされ、実家赤橋家をはじめ北条氏一族は滅亡している。

尊氏が室町幕府を樹立して権力を握ると、御台所として従二位に叙せられた。延文3年(1358年)に尊氏が死去すると「大方殿」と呼ばれた。「大方禅」とも呼ばれていることから、夫の死に殉じて出家したらしい。

正平20年(1365年)5月4日に死去[4]。享年60[4]。戒名は登真院殿定海大禅定尼[4]。京都仁和寺等持院に火葬により埋葬された[4]従一位の位階を追贈されている。

人物編集

  • 『諸家系図纂』に収める北条氏の系図には「義詮卿并基氏宮妃等母儀」とあり、少なくとも二男一女に恵まれたことになる(よって、これが義詮・基氏・鶴王のことを指すものとみられる)。そのほかにさらに一男三女があったとする説[5]もある。
  • 義詮や基氏ら正室所生の息子を守るために尊氏の庶子である足利直冬の認知に極力反対したとされており[4]、直冬ら尊氏の庶子を虐待した冷酷な母親であったとの評[6]もある。

脚注編集

註釈編集

  1. ^ この頃は女性に関する史料が乏しく、今日、その名の読みが分からぬ場合は「彰子」(平安時代)を「しょうし」と読むように完全音読みで読まれるのが通例である。『朝日日本歴史人物事典』(コトバンク所収、西尾和美執筆)では藤原登子(平安時代)と同じ「なりこ」とも併記されている(角田文衛『日本の女性名』(国書刊行会版)P178にも「なりこ」とある)。尚、吉川英治の『私本太平記』及びそれを原作とした大河ドラマ『太平記』では「とうこ」と呼ばれていたが、これはいわゆる重箱読みで正確とは言い難い。

出典編集

  1. ^ 鎌倉・室町人名事典、および朝日日本歴史人物事典(コトバンク所収)「赤橋登子」の項(西尾和美執筆)より。
  2. ^ 朝日日本歴史人物事典(コトバンク所収)「赤橋登子」の項(西尾和美執筆)に併記。
  3. ^ 朝日日本歴史人物事典(コトバンク所収)「赤橋登子」の項(西尾和美執筆)より。
  4. ^ a b c d e 瀬野、2005、p.176。
  5. ^ 田辺、2002。
  6. ^ 谷口、1997。

参考文献編集

書籍
  • 瀬野精一郎 『足利直冬』(人物叢書)吉川弘文館、2005年 ISBN 464205233X
  • 櫻井彦・樋口州男・錦昭江編『足利尊氏のすべて』 新人物往来社、2008年。
  • 谷口研語「足利尊氏の正室、赤橋登子」 芥川龍男編『日本中世の史的展開』 文献出版、1997年。
  • 田辺久子『関東公方足利氏四代』 吉川弘文館、2002年。
  • 『大日本史料』第6編之26 貞治4年5月4日条 東京大学史料編纂所、1983年。
  • 鎌倉・室町人名事典(新人物往来社)

関連作品編集