超正統派 (ユダヤ教)

超正統派から転送)

超正統派ハレーディー(ム)חֲרֵדִים Haredi または Charedi Judaism, ultra-Orthodox Judaism)とは、ユダヤ教宗派の一部。ユダヤ教正統派の中でも、特に東部ヨーロッパに由来する伝統的な形態とその人々に対する通俗的な呼称。ヘブライ語では、単数形は「ハレーディー」であり、複数形は「ハレーディーム」(意味は「を畏れる人」)である。ユダヤ教の最右派。信仰上の理由から出生率が高い(6.9)ため、イスラエル国内で信者数が増加している[1]。人口に占める信者の比率は、2014年時点報道での10%近く[2]から、2019年1月時点の報道では12%(約100万人)へ増えている。21世紀半ばにはイスラエル人口の40%に達するとの予測もある[1]

高齢の超正統派ユダヤ人男性がトーラーの詠唱を行っている様子
超正統派の信者
黒い帽子に黒いスーツ・長い髭を伸ばすのは超正統派の特徴でもある。

特徴編集

  • 形容詞ハレーディーは、「(動詞ハーラドfear, anxiety (神を)おそれる)」「(形容詞ハーレード」に由来する。
  • イディッシュ語生活を送ることが多い。
  • 外見的な特徴としては、男性は頭髪のもみあげを伸ばして黒い帽子・衣服を着用し、女性はスカーフで地毛を隠すことが多い[1]
  • ユダヤ教の教義を学ぶことを最優先と考え、近代的な教育に否定的で、就労していない者が多い[3]。イスラエル政府から補助金(一家族平均で月3000~4000シェケル)を受け、税や社会保障負担も減免されているが、貧困層が多い。超正統派への公費支出に不満を抱く世俗派ユダヤ教徒もいる[1]
  • 2010年代のイスラエルで発生するはしかの感染者のうち85-90%は超正統派の人々である。超正統派にはワクチン接種に反対するような教えはなく、宗教指導者も健康維持のために接種を勧めているが、過去の超正統派は大家族構成で子どもが多い傾向があり、子供にワクチン接種を受けさせる余裕がなかったことがイスラエル保健当局から言及されている[4]
  • 正統派がほとんど兵役についているのに対し、3万人ほどのハレーディームはイェシーバーに籍を置き、ユダヤ教を学ぶことを理由にイスラエル国防軍の兵役を拒否している。政府も建国以来、兵役を免除していたが、2014年3月にハレーディームの男性を対象とした兵役を課す法案が国会で可決された。これにより2017年からハレーディームの男性にも兵役が課されることとなった[2]ものの反発は強く、2018年11月にはエルサレムで抗議デモが発生した[1]
  • 性の分離を厳格に実施している。宗教や人種を問わず女性の画像を見せることは慎みに欠けるとして避けられる傾向にあり、超正統派系新聞の例ではドイツアンゲラ・メルケル首相やアメリカ合衆国ヒラリー・クリントン国務長官の姿を消して(修正して)掲載したことがある[5]
  • 特にナートーレー=カルターの一派はイスラエルの建国を認めていない。これは、イスラエルの再建はメシアの到来によってなされるべきであり、人為的に行うものではないという信念から来ている。しかし、ナハル・ハレーディーNahal Haredi)というイスラエル国防軍の超正統派部隊も存在する。
  • イスラエルでは、エルサレムにおけるメアシェアリームやテルアビブ近郊のブネイ・ブラクなどに彼らの集住地域がある[3]
  • エルサレムにおいてはパレスチナ人とほとんど接触がない。

組織編集

グループには次のようなものがある:

ラビ編集

出来事編集

脚注・出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 読売新聞』朝刊2019年1月30日(国際面)掲載<【世界深層in-depth】イスラエル子宝の楽園>の関連記事<「超正統派」新たな問題>。
  2. ^ a b “超正統派ユダヤ教徒も兵役 イスラエル、17年から”. 共同通信. 47NEWS. (2014年3月12日). http://www.47news.jp/CN/201403/CN2014031201002340.html 2014年3月12日閲覧。 
  3. ^ a b ユダヤ教「超正統派」居住区で感染拡大 集団礼拝やめず 大家族で“密集”し生活”. 毎日新聞 (2020年4月5日). 2020年4月8日閲覧。
  4. ^ 客室乗務員がはしかに感染、昏睡状態に イスラエル”. CNN (2019年4月18日). 2020年4月29日閲覧。
  5. ^ イスラエル紙、パリ行進写真から女性首脳の姿を削除”. CNN (2015年1月15日). 2020年4月29日閲覧。
  6. ^ ユダヤ教葬儀散会させる NY市長、差別と批判も―新型コロナ”. 時事通信 (2020年4月30日). 2020年4月29日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集