メインメニューを開く

踊るマハラジャ★NYへ行く』(おどるマハラジャ★ニューヨークへいく、原題:The Guru)は、2002年に公開されたイギリスフランスアメリカセックスコメディ英語版映画。デイジー・フォン・シャーラー・メイヤー英語版が監督を務め、ジミ・ミストリー英語版ヘザー・グラハムマリサ・トメイが出演している。

踊るマハラジャ★NYへ行く
The Guru
監督 デイジー・フォン・シャーラー・メイヤー英語版
脚本 トレイシー・ジャクソン英語版
製作 ティム・ビーヴァン
エリック・フェルナー
マイケル・ロンドン英語版
製作総指揮 ライザ・チェイシン
デブラ・ヘイワード
シェカール・カプール
出演者 ジミ・ミストリー英語版
ヘザー・グラハム
マリサ・トメイ
マイケル・マッキーン
クリスティーン・バランスキー
音楽 デヴィッド・カルボナーラ
撮影 ジョン・デ・ボーマン英語版
編集 カラ・シルバーマン
ブルース・グリーン英語版
製作会社 スタジオカナル
ワーキング・タイトル・フィルムズ
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
公開 世界の旗 2002年8月23日
上映時間 94分
製作国 イギリスの旗 イギリス
フランスの旗 フランス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $11,000,000[1]
興行収入 $24,128,852[2]
テンプレートを表示

目次

あらすじ編集

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

製作編集

撮影には2か月間かかり、大半のシーンはニューヨークで、いくつかのシーンはデリーで撮影された[3]。ニューヨークではタイムズスクエアチャイナタウンセントラル・パークハンツ・ポイント英語版クイーンズ区ブルックリン区ジョージ・ワシントン・ブリッジワールドトレードセンターで撮影が行われた[3]

評価編集

Rotten Tomatoesには87件のレビューが寄せられ支持率57%、平均評価5.7/10となっており[4]Metacriticでは37件のレビューが寄せられ47/100のスコアとなっている[5]バラエティ誌のデレク・エリーはエディンバラ国際映画祭で映画を鑑賞した後、映画を「一般的に面白いが、古臭いセックスコメディ」と表現し、「ブレイク・エドワーズが1968年に手がけたコメディ『The Party』から進歩が見られない」と批評している[6]BBCは、「魅力的なマサラ映画を調理するための、ボリウッドハリウッドの風刺とロマンスが混ざり合っている」と批評している[7]

出典編集

  1. ^ The Guru from The Numbers
  2. ^ The Guru - Box Office Mojo(英語)
  3. ^ a b Production Notes for The Guru from contactmusic.com
  4. ^ The Guru - Rotten Tomatoes(英語)
  5. ^ The Guru - Metacritic(英語)
  6. ^ Review, an August 18, 2002 article from Variety
  7. ^ Review, an August 21, 2002 BBCi article

外部リンク編集