メインメニューを開く

輝く夜明けに向かって』(かがやくよあけにむかって 原題:Catch a Fire)は、2006年制作のフランスイギリス南アフリカ共和国アメリカ合衆国合作映画

輝く夜明けに向かって
Catch a Fire
監督 フィリップ・ノイス
脚本 ショーン・スロヴォ英語版
製作 アンソニー・ミンゲラ
ティム・ビーヴァン
エリック・フェルナー
ロビン・スロヴォ
製作総指揮 シドニー・ポラック
デブラ・ヘイワード
リザ・チャシン
ジェフ・アバリー
ジュリア・ブラックマン
出演者 デレク・ルーク
ティム・ロビンス
音楽 フィリップ・ミラー
撮影 ロン・フォーチュナート
ギャリー・フィリップス
編集 ジル・ビルコック英語版
製作会社 ワーキング・タイトル・フィルムズ
配給 アメリカ合衆国の旗 フォーカス・フィーチャーズ
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 2006年10月27日
日本の旗 2007年1月27日
上映時間 98分
製作国 フランスの旗 フランス
イギリスの旗 イギリス
 南アフリカ共和国
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
アフリカーンス語
ズールー語
製作費 $14,000,000
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $4,299,773[1]
世界の旗 $5,710,236[1]
テンプレートを表示

フィリップ・ノイス監督、アンソニー・ミンゲラ製作、シドニー・ポラック製作総指揮。

実在のANCの闘士パトリック・チャムーソ英語版の反アパルトヘイト闘争を描いた作品。

目次

あらすじ編集

1980年アパルトヘイト体制下の南アフリカ共和国黒人のパトリック・チャムーソは反アパルトヘイト運動には関心がなく、家族のために石油精油所でこつこつと働いていた。

ある日、彼は自分が監督する少年サッカーチームが決勝戦に進出した事からやむを得ず仕事を休まなければならなくなり、病気と偽り仕事を休んだ。その夜、自分が働く石油精油所がANCのテロによって爆破された。

警察の捜査はパトリックにも及び、逮捕された彼はニック・フォスら白人警官の拷問を含めた厳しい尋問を受ける。妻のプレシャスにまで尋問が及んだ事を知ったパトリックは偽りの自白をし、釈放された。

パトリックはこれをきっかけにANCの闘士となり、反アパルトヘイトのテロに身を投じていく。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹き替え

脚注編集

  1. ^ a b Catch a Fire”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年7月9日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集