この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

辻 久子(つじ ひさこ、本名:坂田 久子[1]1926年3月16日 - 2021年7月13日)は、日本のヴァイオリニストである。大阪芸術大学名誉教授。辻久子弦楽塾塾長。

辻 久子
Tsuji Hisako.JPG
アサヒグラフ』 1951年9月19日号表紙
基本情報
生誕 (1926-03-16) 1926年3月16日
出身地 日本の旗 日本 大阪府大阪市
死没 (2021-07-13) 2021年7月13日(95歳没)
日本の旗 日本 大阪府大阪市
学歴 相愛高等女学校
ジャンル クラシック音楽
職業 ヴァイオリニスト
担当楽器 ヴァイオリン

人物編集

  • 大阪府大阪市出身[2]相愛高等女学校卒業。
  • 父はヴァイオリニストの辻吉之助
  • 1935年にリサイタルデビュー。1938年11月、13歳の時に出場した第7回日本音楽コンクール弦楽部門で第1位および文部大臣音楽賞(この年に創設)を受賞する[3]。その後ヴァイオリニストとして長く第一線として活躍した。
  • 1945年甘粕正彦がハルビン交響楽団と新京交響楽団を合同し、周囲の音楽家も参加した全満合同交響楽団のソリストとして、満州各地で演奏旅行を行う。全満合同交響楽団は指揮に朝比奈隆、事務局員に加藤幸四郎(加藤登紀子の父)がいた。
  • 1973年に、自宅を3500万円で売却し、3000万円の1703年製ストラディバリウス「ディクソン・ポインダー」を購入し、話題となる。
  • 織田作之助の小説『道なき道』の主人公の少女・寿子のモデルとなった[4]
  • 1984年、父・吉之助との生活を題材にしたドラマ「弦鳴りやまず」が毎日放送によりテレビシリーズ化され、樋口可南子が主役の久子役を務め、自身も出演をした。
  • 2021年7月13日、大阪府大阪市に於いて死去したことが発表された[1][2]。95歳没。

受賞歴編集

役職編集

脚注編集

  1. ^ a b "辻久子さんが死去 バイオリニスト". 日経電子版. 日本経済新聞社. 13 July 2021. 2021年7月13日閲覧
  2. ^ a b バイオリニストの辻久子さん死去、95歳」『産経新聞』、2021年7月13日。2021年7月23日閲覧。
  3. ^ 初の文部大臣賞に十三歳の辻久子『東京日日新聞』(昭和13年11月21日)『昭和ニュース事典第6巻 昭和12年-昭和13年』本編p59 昭和ニュース事典編纂委員会 毎日コミュニケーションズ刊 1994年
  4. ^ 日本経済新聞(夕刊)2020年9月19日(土)・第8面。

関連項目編集

外部リンク編集