メインメニューを開く

辻井 昭雄(つじい あきお、1932年(昭和7年)12月19日 - )は、日本実業家近畿日本鉄道相談役(前会長、前々社長)。

来歴・人物編集

大阪府出身。旧制大阪府立八尾中学校入学、戦後の学制改革時に大阪府立山本高等学校に転校し卒業。京都大学経済学部卒業後、1956年に近畿日本鉄道へ入社。1989年取締役1999年社長に就任し、2003年より会長を務める。2007年6月の株主総会後の取締役会をもって、相談役に退いた。

近畿日本鉄道社長時代には、近鉄グループの再編に着手、経営悪化していた関連会社・施設の閉鎖や売却、解散などを行い、後任の山口昌紀の代まで引き続き、グループのスリム化を押し進め(社長を務めた4年間は赤字決算)後に大阪近鉄バファローズオリックス・ブルーウェーブが合併してオリックス・バファローズを誕生させる遠因を作った。なお、大阪近鉄バファローズのオーナーにはなっていない。

現在は、関西経営者協会会長を務めている。なお、関西経営者協会会長も相談役に退くにあたり退任する。その他には朝日放送[1]取締役、関西電力取締役、日野自動車監査役、イニシアティブス・オブ・チェンジ理事[2]などを歴任。2018年秋の叙勲で旭日重光章を受章。

趣味は絵画少林寺拳法奈良県生駒市在住。近鉄の首脳経験者では数少ない学園前駅界隈の在住者でない人物であった。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 会社法人としては現在の朝日放送グループホールディングス。放送局としては現在の朝日放送テレビ朝日放送ラジオ
  2. ^ IC役員名簿

関連人物編集