メインメニューを開く

小林哲也 (近畿日本鉄道)

小林 哲也(こばやし てつや、1943年昭和18年〉11月27日 - )は実業家近鉄グループホールディングス代表取締役会長および近畿日本鉄道取締役(近鉄社長としては大阪電気軌道創立から15代目)。また、2004年平成16年)をもって解散したプロ野球球団大阪近鉄バファローズ最後の球団社長でもあった。

こばやし てつや
小林 哲也
画像募集中
生誕 (1943-11-27) 1943年11月27日(75歳)
日本の旗 日本大阪府
出身校 早稲田大学政治経済学部卒業
職業 経営者
団体 近鉄グループホールディングス近畿日本鉄道(近鉄)
肩書き 代表取締役会長(近鉄ホールディングス) 、取締役(近鉄)

来歴編集

大阪府生まれ。1962年昭和37年)大阪府立大手前高等学校卒業[1]1968年(昭和43年)早稲田大学政治経済学部を卒業、近畿日本鉄道(近鉄)に入社。

2001年平成13年)取締役就任(営業推進本部副本部長兼伊勢志摩支社長)、2003年常務取締役就任。同時に社長に就任した山口昌紀のもと、採算の悪化していたレジャー部門の再建を任され、近鉄あやめ池遊園地近鉄劇場を2004年に閉鎖した。また同年、大阪近鉄バファローズの球団社長に就任、球団をオリックス・ブルーウェーブに譲渡する(吸収合併させる)ことを発表、プロ野球再編の主役の一人として、厳しい批判を浴びながらも強行した。これらリストラ策もあり、レジャー部門は2006年3月期の決算で黒字に転換し、一定の成果を得ている。

2005年には専務取締役に昇格(ホテル・レジャー事業本部長兼流通事業本部長)、2007年3月23日、山口昌紀の後任となる社長に就任することが発表され、6月28日株主総会後の取締役会をもって就任した(山口は会長に就任)。社長就任後は景気の回復基調も手伝ってか、山口よりも積極的な攻めの経営姿勢が随所に見られる(ただし攻めの経営姿勢自体は山口時代末期からのものである)。

近畿日本鉄道の持株会社移行に伴い、2015年(平成27年)4月1日発足の近鉄グループホールディングス(近鉄HD)の代表取締役会長および鉄道事業を継承する(新)近畿日本鉄道の代表取締役会長に就任した[2]

2016年7月、大阪商工会議所副会頭に就任[3]2018年(平成30年)3月、大商副会頭を退任(後任は同じ近鉄HDの吉田昌功社長)。同年5月、関西経済連合会副会長に就任[4][5]。 2019年6月、近鉄HDおよび近鉄の役員人事異動により、近鉄の代表取締役会長を退任して取締役に就任(なお近鉄HDの会長は引き続き在任)。同年、旭日中綬章受章[6]

人物編集

幼少期は「わんぱくでいたずらばっかりやっていた」と振り返る小林。大阪市立東中学校では竹刀競技部に所属し、大手前高校では剣道部を創設し武道で心身とも鍛える。若い世代へのアドバイスとして、「社会人は『人事を尽くして天命を待つ』という姿勢が大事だ」と話す。球団社長として進めた球団合併(プロ野球再編)の際も、「野球の撤退のとき、いつもそう思って」おり、「気持ちをおおらかに、結果にうじうじとしないで、自分の事業に関わっていってもらったら、かえって物事がうまくいく」と語る。そして、心構えとして、「新渡戸稲造先生の『武士道』を是非若い人たちに読んで欲しい」と訴え、武士道で示されている「義」「勇」「仁」の3つの道を守っていれば「人として大きく道をそれることは無い」「気持ちがくじけそうになったり、人に対して傲慢になりそうなとき、そういう時に思い出して欲しい」と説いている[7]

近鉄の社長で早稲田大卒の人物は小林が初めてで、私大卒での就任も佐伯勇の後任の今里英三1973年5月 - 1977年6月社長、慶應義塾大学卒)以来34年ぶりとなる。また、営業部門出身であることも秘書部門出身が多い歴代社長の中では珍しい。

社長在任中に特急車22600系Aceの投入、阪神なんば線開業による阪神電気鉄道との相互直通運転の実施、平城遷都1300年記念事業輸送、伊勢神宮式年遷宮に合わせ観光特急『しまかぜ』の運行開始、近鉄劇場再開発による上本町YUFURAや日本一の超高層ビルあべのハルカスの開業といった事業を推進した。

また、近鉄社長のほか、2007年6月27日よりMBSメディアホールディングス取締役、2015年6月25日より関西電力取締役をそれぞれ務めている。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集