メインメニューを開く

退場(たいじょう)とは、競技場舞台イベント会場などある程度他とは明確に区切られた場所から退くこと。入場の対義語。特にスポーツ等においてはルール違反したものに対してただちに強制的に試合から離脱させる処分(退場処分)をさして、単に退場と言う語が用いられる場合が多い。事故による怪我などにより退場する場合は負傷退場と呼ばれる。

目次

舞台芸術等における退場編集

演劇舞踊合唱器楽演奏などを含む舞台芸術において、演者が舞台上から舞台袖などに引き上げることを退場という。

強制的な退場の例編集

スポーツ編集

  • 団体競技において著しい反則行為や審判員などに対する侮辱を行った選手あるいはコーチングスタッフに対する罰則として命じられることが多い。また、暴力(乱闘など)やプロ野球における頭部死球(危険球)など対戦相手に危害を加える行為により退場させられることもある。バスケットボールでは軽度なファウルでも回数によって自動的に退場となる。
  • 反則を繰り返したり危険行為に及んだり、死球が頻繁に起こると選手、チームあるいは試合に対し「警告試合」を適用することがあり、これが適用された後は、反則などを犯した選手は退場となる。また、それを指示した監督やコーチに退場を言い渡すケースもある。
  • アイスホッケーのペナルティボックス入りやラグビーのシン・ビンなどのように、一定時間の間だけ試合から離脱させられ、時間が経過した後は試合に復帰できる退場ルールもある。一方、野球サッカーなどでは、退場させられると完全にベンチから引き上げることになり、その試合には参加できない。
  • 野球やバスケットボールでは審判が直接退場を言い渡し、サッカーやバレーボールではレッドカードを示されることで退場となる。
  • 退場した選手の代わりの選手を出すことが可能かどうかは競技によって異なる。野球、バレーボール、バスケットボールなどでは代わりの選手を出す。サッカーやラグビーでは代わりの選手を出すことはできず、試合の残り時間は少ない人数で戦わなければならない()。
    • 野球の場合は通常の選手交代と同様となるが、プレーに関わっている選手(守備側のチームの指名打者以外と、攻撃側の打者と走者)しか交代できないため、アウトになった直後の選手が退場処分を受けても記録上は出場を続けていることになる。守備に就く際か、指名打者の場合は次の打席が回ってきた際に交代を送ればよい。
    • サッカーでゴールキーパーが退場となった場合はフィールドプレーヤーを減らして代わりのキーパーを使うか、フィールドプレーヤーの誰かが代わりにゴールを守ることになる。しかし、この事例が起こるケースはあまりない。
  • 競技によっては、選手が退場し代わりの選手も出せなくなると敗戦扱い(没収試合)とされる。
  • ハンドボールは特殊で2回まで退場ができる(2分後にコートに戻れる。しかし、3度目は失格となる)。
  • プロ野球(MLBNPBなど)においては、試合が未成立の場合でも、退場だけは記録される。
  • サッカーやラグビー、バスケットボールでは退場者に対して出場停止の処分が課せられる。そのため試合に出場していないベンチ入りメンバーや試合終了後に退場が言い渡される場合もある。
  • 個人競技では「失格」と表現する。

イベント会場編集

  • 迷惑行為をした者に対して、会場運営者、場合によっては警察の指示の下に退場を命じられることがある。

株式市場等における退場編集

関連項目編集