メインメニューを開く

レッドカード (red card) とは、スポーツの試合において特に悪質な反則を行ったプレイヤーに対して審判員退場処分を言い渡す時に提示するカードである。

サッカー編集

 
サッカーの試合でレッドカードを提示する審判
 
サッカーのイエローカードとレッドカード

サッカーの場合、特に悪質な反則を行ったプレイヤーに対して審判退場処分を言い渡す時にレッドカードを提示する。

ルール上の規定編集

レッドカードを提示する規定は国際サッカー評議会 (IFAB) が規定したサッカーのルールとなる「サッカー競技規則」 (Law of the Game) の「第12条 ファウルと不正行為(Fouls and Misconduct) の「3.懲戒措置」において「レッドカードは(退場となる反則を犯した者が)退場が命じられたことを知らせるために用いられる」とされている[1]

同じ項目では、競技者、交代要員または交代して退いた競技者の「退場となる反則」として以下の行為を挙げており、これらの反則を犯した場合、退場を命じると規定している。

  1. ハンドの反則を犯し、相手チームの得点または決定的な得点の機会を阻止する(自陣のペナルティーエリア内にいるゴールキーパーを除く)。
  2. フリーキックペナルティーキックを含む)で罰せられる反則を犯し、全体的にその反則を犯した競技者のゴールに向かって動いている相手競技者の得点、または、決定的な得点の機会を阻止する。
  3. 著しく不正なプレーを犯す。
  4. 人を噛む、または人につばを吐く。
  5. 乱暴な行為を犯す。
  6. 攻撃的な、侮辱的な、または下品な発言や身振りをする。
  7. 同一試合中に警告(イエローカード)を2回受ける(つまり再度のイエロー=レッドカードになる)この場合、その試合1枚目のイエローカードも含め、累積警告は加算しない。
  • 上記1.および2.の「決定的な得点の機会の阻止」に該当する場面を、英語の「Denying Obviously Goal Scoring Opportunity」の頭文字を取って "DOGSO"(ドグソ)と称する場合がある[2]。DOGSOに該当するかどうかは、「反則地点とゴールとの距離」「(反則がなかった場合に)ボールをキープできる、またはコントロールできる可能性」「プレーの方向」「守備側競技者の位置と数」が考慮される[3]
  • レッドカードを提示された(=退場となった)選手は「競技のフィールド周辺およびテクニカルエリア周辺から離れなければならない」とされている。すなわち、ロッカールームに引き返すなどしてフィールドから速やかに離れなければならない(ベンチ入りも許されない)。
  • 合計で出場選手に対して最大5枚のレッドカードを提示されたチームは、敗戦扱いになる(没収試合)。これは最小競技者数の規定(7人以上)を下回ることになるからである。
  • レッドカードの対象は「競技者、交代要員、交代して退いた競技者、またはチーム役員のみ」とされており、稀に試合終了後や試合に出場していない選手も退場処分を受けるケースがある。前者では2008年4月26日の川崎フロンターレ柏レイソル戦での小林祐三李忠成[4]、2017年6月18日のザスパクサツ群馬松本山雅FC戦での山岸祐也[5]の例、後者では2007年9月2日のサガン鳥栖アビスパ福岡戦での柳楽智和[6]や2011年4月27日のUEFAチャンピオンズリーグFCバルセロナレアル・マドリード戦でのホセ・マヌエル・ピント・コロラド等の例がある。
  • アルゼンチン5部のクライポーレ対ビクトリアーノ・アリナスの試合終了後に乱闘騒ぎが起き、両チームの登録メンバー全員と用具係1人に計37枚のレッドカードが出されたことがある。

素材編集

市販されているレッドカードは、縦10.5cm 横7.5cmのプラスチック製のものが主流。表面の赤色は、視認性を考えて純色ではなく蛍光色となっている。裏面には、カードが提示された選手の背番号、提示理由、時刻を記入する欄入りのシールが貼られている。

他のスポーツ編集

 
ハンドボールの試合でレッドカードを提示する審判

レッドカードはイエローカードとともに、サッカー以外でもラグビーバレーボールなど、幅広いスポーツ競技で使用される。

ハンドボール編集

ハンドボールでは「失格」と呼ばれ、競技中の罰則では最も重い処分となる。相手に危害を及ぼす行為や著しくスポーツマンシップに反する行為、3回目の退場(2分間の退場)[7]に対して与えられる。

失格となった選手は、ベンチからも去らねばならないが、チームは2分後に別の選手を復帰させることができる[8]

アイスホッケー編集

アイスホッケーにおいては、ラフプレーが起きた場合、大きく6段階のペナルティーが存在し、レッドカードに相当する、残存時間すべてが退場となる物としては「ゲームミスコンダクト・ペナルティー」と「マッチ・ペナルティー」があり、退場となった選手はベンチの外にある「ペナルティーボックス」に待機しなければならない[9]

  1. ゲームミスコンダクト・ペナルティー 重大な反則行為、及び乱闘などのラフプレーを最初に犯した選手が対象で、この場合は退場者に代わるプレーヤーがすぐ出場できる。
  2. マッチ・ペナルティー これも同様に重大な反則行為、並びに乱闘などのラフプレーを最初に犯した選手が退場であるが、この場合は退場者は連盟の審査により処分が確定するまでは、次回の試合に出場することが一切できなくなる。また退場者に代わるプレーヤーは退場者がペナルティーボックスに入ってから5分後に出場することができる。

ラグビー編集

ラグビーユニオン競技規則第9条の30に記載があり[10]、「レフリーは、退場となったプレーヤーに対しレッドカードを示し、そのプレーヤーは試合の残りの部分には参加できない。退場となったプレーヤーについて交替や入替えはできない」とされており、サッカーと同様の扱いであることが示されている。

具体的に退場となるケースについては「同じプレーヤーがその後、別のイエローカードに相当する反則を犯した場合」の他、複数の事例が挙げられている。なお、イエローカードに相当する反則(妨害、不当なプレー、反則を繰り返すこと、危険なプレー、不行跡など)を犯した場合は、試合中10分間の一時退出(シンビン)となる。

バレーボール編集

主審からレッドカードが出たら相手チームに1点加え[11][12]、サーブ権も移る[13]。その他に退場等の、「イエローカードとレッドカードを一緒に出す」「イエローカードとレッドカードを別々に出す」ペナルティ判断もある。

陸上競技編集

陸上競技でも主にトラック競技で使われており、2011年の世界陸上大邱大会では、女子400m走予選で北京五輪金メダルの選手がフライングで失格となった際に審判がレッドカードを手にし当該選手に提示したシーンが国際映像で配信されている。

競歩では同一競技者に対して3人以上の審判からレッドカードが出された場合に競技者は失格となる[14]

格闘技編集

パンクラスでは、レッドカードを提示された場合は、減点3となり失格にはならない[15]

比喩的表現編集

転じて、禁止行為、退場処分、出入禁止処分、営業停止処分などについて「レッドカード」の比喩も用いられる。

また、埼玉県警察は軽微な違反をした自転車運転者に対し、指導・警告として「自転車レッドカード」を交付している[16]

脚注編集

  1. ^ Laws of the Game 2019/20 (PDF)”. 日本サッカー協会. 2019年10月26日閲覧。
  2. ^ 【動画】名古屋DF宮原が横浜FM仲川を倒したシーン。「三重罰=PK、一発レッド、次節停止」は妥当だったのか”. Goal.com (2019年8月28日). 2019年10月26日閲覧。
  3. ^ 競技規則の解釈と審判員のためのガイドライン (PDF)”. 日本サッカー協会公式サイト. 2019年10月26日閲覧。
  4. ^ 公式記録 2008 Jリーグディビジョン1 第8節第1日 川崎フロンターレ - 柏レイソル”. J.LEAGUE Data Site. 2019年10月28日閲覧。
  5. ^ 公式記録 2017明治安田生命J2リーグ 第19節第2日 ザスパクサツ群馬 - 松本山雅FC”. J.LEAGUE Data Site. 2019年10月26日閲覧。
  6. ^ 公式記録 2007 Jリーグディビジョン2 第38節第1日 サガン鳥栖 - アビスパ福岡”. J.LEAGUE Data Site. 2019年10月26日閲覧。
  7. ^ ハンドボールで「退場」と呼ぶ罰則は、2分間の退場を指す。サッカーやラグビーの退場のように、試合終了まで選手が補充できない罰則として「追放」が存在したが、現在は廃止されている。
  8. ^ ハンドボール競技規則2019年版”. 日本ハンドボール協会. 2019年10月26日閲覧。
  9. ^ アイスホッケーの反則(ペナルティー)
  10. ^ 9 不正なプレー”. 競技規則 Rugby Union. ワールドラグビー. 2019年10月28日閲覧。
  11. ^ タイ監督、レッドカード2枚に激怒「なぜ警告でるのか理解できない」 - スポーツ報知、2016年5月19日
  12. ^ バレー最終予選はタイのレッドカードで逆転12・9% - 日刊スポーツ、2016年5月19日
  13. ^ 日本 最終セット6―12から大逆転!サオリン涙 - スポニチ、2016年5月19日
  14. ^ 競歩競技 日本陸上競技連盟
  15. ^ [パンクラス] 7.31 後楽園:吉朗、志田下した強豪に対戦要求 BoutReview 2005年8月3日
  16. ^ “悪質な自転車運転ストップ 「講習義務化」改正道交法、6月1日から施行 埼玉”. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2015年5月30日). http://www.sankei.com/region/news/150530/rgn1505300055-n1.html 2018年1月24日閲覧。 

関連項目編集