連島町

日本の岡山県浅口郡にあった町
連島村から転送)

連島町(つらじまちょう)は、岡山県浅口郡にあった地方公共団体である。1953年6月1日に倉敷市(初代)に編入された。

つらじまちょう
連島町
廃止日 1953年6月1日
廃止理由 編入合併
浅口郡連島町児島郡福田町倉敷市(初代)
現在の自治体 倉敷市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中国地方山陽地方
中国・四国地方
都道府県 岡山県
浅口郡
市町村コード なし(導入前に廃止)
面積 18.60km2
総人口 22,683
(1953年)
隣接自治体 倉敷市玉島市、児島郡福田町
連島町役場
所在地 岡山県浅口郡連島町西之浦
座標 北緯34度32分53秒 東経133度43分15秒 / 北緯34.54814度 東経133.72094度 / 34.54814; 133.72094座標: 北緯34度32分53秒 東経133度43分15秒 / 北緯34.54814度 東経133.72094度 / 34.54814; 133.72094
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

現在は倉敷市水島支所管内の一部(高梁川河口東岸、水島西部)となり、旧町域は水島地域内の連島地区と狭義の水島地区に分かれている。

概要編集

古くは周囲は吉備の穴海と呼ばれる海域で、連島町は元々は備前国児島郡に属す「都羅島」という島であり、「都羅之郷」が存在した。その後「連島」と書かれるようになった。中世から近世の干拓事業により陸続きとなった。

陸地化して以降、連島は東西の両高梁川の河口に位置していたことから海上輸送の中継地点として発展した。江戸時代備前国児島郡から備中国浅口郡へ編入されると、成羽藩により連島南部沖の亀島との間の干拓・新田開発が行われた(亀島新田・鶴新田など)。

明治時代には高梁川改修工事で東高梁川が廃川となり、さらに輸送手段の変化などにより連島は港町としての機能を失った。

1941年には三菱重工業水島航空機製作所の建設が始まり、次第に水島市街地が形成された。これにより、東高梁川廃川地に掘削された八間川を境界にしていた児島郡福田町と市街地がまたがったため、合併して水島市を建設する構想があった。しかし、倉敷市の水島鉄道買収および三菱石油製油工場の立地調査開始により、倉敷市の財政力によって工業化を進める必要性が高まったため断念している。

地理編集

町内には亀島山という標高78mの小さな山がある(元々は90mあったが、飛行機の障害になるとの理由で山頂部が掘削された)。第二次世界大戦末期にアメリカ軍の空襲を避けるため、三菱重工業水島航空機製作所の一部を移転させた地下工場がこの山の地下に建設され、亀島山地下工場と呼ばれた。網の目のように掘られたトンネルの総延長は2055mに及び(アメリカ戦略爆撃調査団報告書による)、建設には労働力不足のために多くの朝鮮人が動員された。

また「都羅の小径」(つらのこみち)と呼ばれる、西の浦から江長にかけてかつての瀬戸内海の海岸線を通った小街道がある。沿道には古い町並みや多くの史跡がある。

行政編集

歴代首長編集

歴代首長一覧
氏名 着任年月 退任年月 備考
1 早瀬和平次 明治36年3月26日 明治36年11月21日 明治36年1月1日 連島村新設
2 西本農八 明治37年2月19日 明治37年7月29日
3 西本農八 明治37年10月29日 明治40年4月13日
4 西本農八 明治40年5月15日 明治44年5月14日
5 西本農八 明治44年5月14日 明治44年9月30日
6 友沢清範 明治44年11月16日 大正4年11月15日 明治45年4月1日 町制施行・連島町へ改称
7 五島嘉寿男 大正5年5月1日 大正9年4月20日
8 五島嘉寿男 大正9年5月1日 大正10年10月1日
9 難波丈夫 大正10年10月24日 大正14年10月23日
10 難波丈夫 大正14年10月24日 昭和2年10月15日
11 三宅玉一郎 昭和2年10月21日 昭和6年10月20日
12 難波丈夫 昭和7年1月26日 昭和9年5月25日
13 藤原慎一 昭和10年3月8日 昭和14年3月7日
14 藤原慎一 昭和14年3月8日 昭和18年3月7日
15 藤原慎一 昭和18年3月8日 昭和21年10月27日
(代理) 安原宇一 昭和21年10月28日 昭和22年4月5日
16 安原宇一 昭和22年4月6日 昭和23年12月31日
17 大野和一 昭和24年2月10日 昭和27年3月31日
18 三宅千秋 昭和27年4月25日 昭和28年5月31日 昭和28年6月1日 旧倉敷市へ編入合併
参考文献 - 連島町誌編纂会『連島町誌』昭和31年3月20日

経済編集

明治時代後期からは干拓による粘土質の土壌を生かしてレンコン栽培が、1947年頃からは高梁川の河川跡地の砂地を利用してゴボウ栽培が行われている。倉敷市編入後も続き、現在では西日本有数の産地となっており、平成18年度に「連島れんこん」「連島ごぼう」がそれぞれ倉敷ブランドに認定された。

沿革編集

  • 1617年(元和3年) - 成羽藩領となる。
  • 1642年(寛永19年) - 成羽藩主水谷氏の転封により幕府領となる。
  • 元禄年間(1688年〜1703年) - この間に再び成羽藩領となる。
  • 1850年(嘉永3年) - 鶴新田が完成(現在の倉敷市連島町鶴新田)。
  • 1889年(明治22年)6月1日 - 町村制施行。浅口郡鶴新田村・西之浦村・亀島村・連島村発足。
  • 1903年(明治36年)1月1日 - 鶴新田村・西之浦村・亀島村・連島村が合併して連島村発足。
  • 1912年(明治45年)4月1日 - 連島村が町制施行して連島町発足。
  • 1941年(昭和16年) - 三菱重工業が東高梁川廃川地に水島航空機製作所建設。1943年(昭和18年)完成。
  • 1945年(昭和20年)6月22日 - 水島空襲。水島航空機製作所が爆撃される。
  • 1949年(昭和24年) - 倉敷市から合併の申し入れを受ける。
  • 1950年(昭和25年)8月15日 - 約700名の朝鮮人が朝鮮解放5周年を祝って集会を強行。8人検挙、警察官15名負傷(連島町事件)。
  • 1950年(昭和25年)9月8日 - 連島町と福田町が工場誘致期成会を結成。水島市の建設を目指す。
  • 1951年(昭和26年) - 倉敷市が三菱重工から水島鉄道を買収。
  • 1953年(昭和28年)6月1日 - 連島町が倉敷市に編入される。

当時の主要施設編集

出身著名人編集

参考文献編集

  • 連島町誌編纂会『連島町誌』昭和31年3月20日

関連項目編集

外部リンク編集