遊魚静

日本の女性声優

遊魚 静(ゆな しずか、1968年2月2日 - )は、日本の元女性声優ナレーター東京都出身。学位博士(公共経営)早稲田大学2010年[1]。本名は鈴池 静(すずいけ しずか)[2]2017年時点では、後述の罪状で服役中。

ゆな しずか
遊魚 静
プロフィール
本名 鈴池 静(すずいけ しずか)
性別 女性
出身地 日本の旗 日本東京都
生年月日 (1968-02-02) 1968年2月2日(54歳)
血液型 A型
活動
活動期間 1990年代 - 2010年
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

来歴・人物編集

東京女子体育短期大学を経て早稲田大学第二文学部を卒業[3]。その後、早稲田大学政治経済学術院公共経営研究科博士課程を修了[3]。博士(公共経営)取得[1]

声優として、81プロデュースシグマ・セブンを経て、2006年4月から2009年8月までムーブマンに所属。かたりべ集団・劇団遊魚たいむを主宰し、司会業からナレーションまで幅広い業務を行っていた。

声優実績として自身のブログでリカちゃん人形の電話の声を担当したことを挙げている。

里子虐待死事件編集

刑事訴訟編集

2010年8月20日に杉並区内の自宅で里子の3歳女児を虐待して死亡させた傷害致死被疑事件の被疑者として、1年後の2011年8月20日に警視庁逮捕[2]、同年9月9日、東京地検により起訴された[4]2012年6月26日、東京地方裁判所裁判員裁判による初公判が開かれた。彼女は暴力はふるっていないと無罪を主張した。検察側は遺体には暴行でしかできないような傷があったこと、暴行を加える機会があったのは彼女だけだと主張した。

一方、弁護側は被害者と彼女の双方に一切接触した痕跡が無かっただけでなく、被害者の衣類に里父以外の男性のDNA型を持つ付着物があったこと、また、家族にはいないB型の毛髪が複数本、家の中から見つかったことから、家族以外の第三者が暴行した可能性があると主張した[5][6]

同年7月10日、検察側は「暴行は執拗かつ苛烈。被告は犯行を否認し反省の態度はない」として懲役10年を求刑[7]、同月13日、東京地裁は「外部の者の犯行だとすると不合理な点があり、機会があったのは被告人だけだった」「事故死であるかのように偽装工作までしており、刑事責任は極めて重い」として鈴池被告に懲役9年の実刑判決を言い渡した[8] が控訴。2013年3月26日には一審の東京地裁判決を支持し、東京高裁も懲役9年の判決を下した。

これに対して遊魚側は判決を不服として上告したが、最高裁が2014年2月18日付でこれを棄却したため、二審での判決が確定した[9]

民事訴訟編集

2013年9月27日、里子の実母が提訴した民事訴訟において、8千万円の損害賠償請求に対し、齋藤繁道裁判長は4843万3690円の支払いを命じた[10][11]

出演作品編集

テレビアニメ編集

アダルトゲーム編集

テレビ番組編集

CM編集

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 鈴池静 (2010). コミュニケーションにおける声のノンバーバル要素の重要性に関する研究 (博士論文(公共経営)). 早稲田大学.
  2. ^ a b 声優の鈴池静容疑者逮捕 女児虐待死疑い 日刊スポーツ 2011年8月20日付。[リンク切れ]
  3. ^ a b http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/08/21/kiji/K20110821001454060.html[リンク切れ]
  4. ^ 里親の鈴池容疑者を傷害致死罪で起訴 女児死亡事件 朝日新聞 2011年9月10日付[リンク切れ]
  5. ^ 里子暴行死、声優が無罪主張=傷害致死罪の裁判員裁判-東京地裁”. ウォール・ストリート・ジャーナル (2012年6月26日). 2012年6月26日閲覧。[リンク切れ]
  6. ^ 鈴池静さんを冤罪被害から救う会|判決文に対する抗議および理由に対する問題指摘[リンク切れ]
  7. ^ 里子暴行死:声優に懲役10年求刑 毎日新聞 2012年7月10日付[リンク切れ]
  8. ^ 里子死亡事件 声優に懲役9年の判決 NHK 2012年7月13日[リンク切れ]
  9. ^ [1]時事ドットコム2014年2月19日[リンク切れ]
  10. ^ [2]読売新聞2013年9月27日[リンク切れ]
  11. ^ 鈴池静さんを冤罪被害から救う会|民事判決について[リンク切れ]