遠淡海国造(とおつおうみのくにみやつこ・とおつおうみこくぞう)は遠淡海国(遠江国西部)を支配した国造。遠江国造とも。

遠淡海国造
No image available.svg
本姓 物部氏
家祖 印岐美命
種別 神別天孫
出身地 大倭国
主な根拠地 遠淡海国(のちの遠江国
著名な人物 #人物参照
支流、分家 (括弧内は姓)
珠流河国造
金刺氏
久努国造
久努氏(直)
佐夜氏(直)
小市国造
小市氏(直)
風速国造
風速氏(直)
凡例 / Category:日本の氏族

概要編集

表記編集

古事記』、『先代旧事本紀』に遠淡海国造とある。

祖先編集

氏族編集

本姓は物部氏(もののべうじ)。氏姓は不明であるが、同族とされる久努直、佐夜直(佐夜部直)などから見て、遠淡海氏(とおつおうみうじ)、と考えられる[3]

越智国造・遠淡海国造・珠流河国造の一族は、永年青の「橘」や変若水(おちみず、若返り乃至不老の水)と深く結びつき、これら三国造の後裔一族に「橘朝臣」姓を称する氏を多く出した。また隣国の久努国造の祖・印播足尼は世代的・地域的に印岐美命の子にあたると考えられる[4]

本拠編集

本拠地編集

国造の本拠は遠江国磐田郡で、現在の磐田市にあたる。磐田市には遠江国府国分寺が設置されていた。

支配領域編集

国造の支配領域は当時遠淡海国と呼ばれた地域、後の遠江国磐田郡山香郡長上郡長下郡などにあたる。

なお国造の支配領域については浜名湖周辺とする説、天竜川以西とする説、浜名湖から磐田原西縁とする説、浜名湖から太田川流域とする説がある。

氏神編集

奉斎社編集

関連神社編集

編集

  • 小銚子塚古墳(こちょうしづかこふん)
    磐田市寺谷にある前方後方墳で、静岡県西部では最古級にあたる4世紀中期の築造で、初代国造の印岐美命の墓と考えられる[6]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 宝賀寿男沼津の高尾山古墳の保存問題」『古樹紀之房間』、2015年。
  2. ^ 宝賀寿男「天鳥船神の実体-香取神たる経津主神に関連して-」『古樹紀之房間』、2007年。
  3. ^ 宝賀寿男「物部氏族概観」『古樹紀之房間』、2003年。
  4. ^ 宝賀寿男「「天孫本紀」物部氏系譜の検討」『古樹紀之房間』、2008年。
  5. ^ 宝賀寿男「「天孫本紀」物部氏系譜の検討」『古樹紀之房間』、2008年
  6. ^ 宝賀寿男「沼津の高尾山古墳の保存問題」『古樹紀之房間』、2015年。

関連項目編集

参考文献編集

  • 『國史大辭典』(吉川弘文館)
  • 坂本太郎・平野邦雄『日本古代氏族人名辞典』(吉川弘文館)
  • 『日本古代人名辭典』(吉川弘文館)
  • 『日本史広辞典』(山川出版社)
  • 『神道大辞典』(臨川書店)
  • 『日本史総覧』(新人物往来社)