メインメニューを開く

郡上八幡テレビ

郡上八幡テレビ(ぐじょうはちまん・テレビ)は、岐阜県郡上郡八幡町(現:郡上市)で、1962年から共同受信を行い、1963年から有線テレビ放送施設として初めての自主放送を行なった、事実上日本初のケーブルテレビ局である。

概要編集

日本のテレビ放送は1953年に本放送が開始されて以後着実に放送局の数を増やしたが、当時は主に県庁所在地とその周辺が中心であり、山間部などでは地形の問題上直接アンテナを建てても受信することが困難な地域も多数存在した。

地上波の番組を再配信する「共同受信施設」は1955年群馬県伊香保温泉で第1号が設置されたが、当時は実質的な中継局の代替的機能に留まった。

1962年に岐阜県八幡町で開局した共同受信施設を利用して、当時の中央公民館長が中心となって、自主制作番組の放送を提案。中日新聞社にも協力を要請し、共同受信施設開局から1年が経過した1963年9月に第1回の自主放送が行われた。

略称は「GHK-TV(Gujyo-Hatiman Kyodo Jyushin Kumiai - Tele Visionの略)」である。

自主放送では八幡町を含む郡上郡周辺地域におけるお祭りやスポーツ大会、文化イベントの中継を行ったほか、中日新聞提供によるニュース番組、趣味講座番組、学校や人物の紹介番組など地域密着型の番組編成を展開した。

しかし1964年郡上八幡中継局が開局、それを境に加入者が激減し、1966年6月8日をもって共同受信組合は解散した。

その後、2004年に郡上市の運営による郡上ケーブルテレビが設立されている。

出典資料編集