メインメニューを開く

酒井忠義 (出羽国庄内藩主)

江戸時代初期の大名。庄内藩第3代藩主

酒井 忠義(さかい ただよし)は、江戸時代前期の出羽国庄内藩の第3代藩主左衛門尉酒井家5代当主。酒井忠当長男、母は松平信綱長女

 
酒井 忠義
時代 江戸時代前期
生誕 寛永21年7月5日1644年8月7日
死没 天和元年11月7日1681年12月16日
墓所 山形県鶴岡市
官位 従四位下、左衛門尉
幕府 江戸幕府
主君 徳川家綱綱吉
出羽国庄内藩
氏族 酒井氏
父母 酒井忠当松平信綱の長女
正室松平輝綱の娘
忠真、娘(松平忠之正室のち植村正朝正室)、娘(前田利直正室)

万治3年(1660年)2月、鶴岡にいる父・忠当が重病となったため、江戸から鶴岡に向かったが、到着前に忠当は死去した。4月5日、忠義が家督を相続する。

若くして当主となったため、母方の祖父である松平信綱の指導により藩政が進められた。天和元年(1681年)に死去、墓所は大督寺