メインメニューを開く

酒井 正三郎/正兵衛(さかい しょうざぶろう/しょうべえ、1901年1月1日 - 1981年4月15日)は、日本経済学者名古屋大学名誉教授。名古屋高等商業学校(現名古屋大学経済学部)校長や、初代名古屋大学経済学部長、経済社会学会会長、日本学術会議会員等を歴任した。

人物・経歴編集

岐阜市出身。のち家督相続により名を正兵衛と改めたため、正三郎は筆名。岐阜中学(現岐阜県立岐阜高等学校)、東京商科大学(現一橋大学予科を経て、1924年同大本科卒。左右田喜一郎に師事[1]。1942年「国民経済ノ構造変動ノ本質並ニ原因ニ関スル研究」により同大経済学博士[2]

1922年、指導教官左右田主催の横浜社会問題研究所主任研究員。1925年名古屋高等商業学校(現名古屋大学経済学部)講師。28年教授。同僚の赤松要宮田喜代蔵とともに産業調査分析にあたった。39年、赤松の後任として第2代産業調査室(現名古屋大学大学院経済学研究科附属国際経済政策研究センター)所長。49年第5代名古屋高等商業学校校長兼初代名古屋大学法経学部長。1950年初代名古屋大学経済学部長、日本学術会議会員[3][1]

1964年名古屋大定年退官。後任には教え子の建元正弘大阪大学名誉教授)や碓氷尊(元慶応義塾大学教授)を考えていたが叶わず、友人中山伊知郎門下の藤井隆が後任教授となった。退官後は、南山大学教授や愛知学院大学教授を務めた。経済社会学会会長、中部都市学会初代会長、日本国有鉄道観察使、地域問題研究所代表等も歴任。1981年死去。従三位勲二等瑞宝章。弔辞は酒井が学位論文審査を行った大来佐武郎(元外務大臣)が読んだ[1][4][5]

著書編集

  • 『保険経営学 : 特に海上保険に関して』森山書店 1936
  • 『経営技術学と経営経済学』森山書店 1937
  • 『保険経済学』平野書店 1939
  • 『国民経済構造変動論』日本評論社 1942
  • 『新経済理論の確立』(共著)東洋経済新報社 1943
  • 『経済的経営の基礎構造』敞文館 1943
  • 『企業の決戰体制は如何なるべきや』三井本社調査部 1944
  • 『アメリカ経済の構造』水谷書房 1946
  • 『經營者社會の理論と構造』巌松堂書店 1948
  • 『国民の経済構造の基礎理論』東洋経済新報社 1949
  • 『經濟構造理論への途』森山書店 1952
  • 『経済体制と人間類型』岩波書店 1953
  • 『経済構造変動の理論』森山書店 1956
  • 『日本経済の成長と循環』経済新報社 1960
  • 『社会科学一般理論』同文館出版 1962
  • 『成長理論と構造理論』ダイヤモンド社 1963
  • 『住宅建設計画の方法論的研究』(共著)日本住宅公団建築部調査研究課 1964
  • 『私の学問遍歴とその道標』経済科学酒井正兵衛教授退官記念号抜刷 1964
  • 『経営学方法論』森山書店 1966
  • 『愛知用水と地域開発』(編)東洋経済新聞社 1967
  • 『現代大都市論 1 』同文館出版 1973
  • 『現代大都市論 2 』同文館出版 1973
  • 『巨視的社会理論の構築』同文館出版 1981
  • 『新名古屋市史(仮称)の基本的構想』出版地名古屋 刊年不明

脚注編集

  1. ^ a b c 「酒井正兵衛(正三郎)先生を偲ぶ 2012年12月26日佐藤治」望洋会
  2. ^ 東京商科大学 , 経済学博士 , [報告番号不明] , 1942-09-16
  3. ^ 「酒井 正兵衛」20世紀日本人名事典
  4. ^ 「⑪名高商栴檀(センタン)と樟(クスノキ)」ちょっと名大史 名古屋大学大学文書資料室
  5. ^ 「中部都市学会の歴史と現状」中部都市学会