重信 メイ(しげのぶ メイ、1973年3月1日 - )は、レバノン系パレスチナ系日本人ジャーナリストレバノンベイルート出生。本名は奥平 メイ(おくひら メイ)。

重信 メイ
生誕 奥平 メイ
(おくひら メイ)

(1973-03-01) 1973年3月1日(46歳)
レバノンの旗 レバノンベイルート
国籍 日本の旗 日本
民族 レバノン系パレスチナ系日本人
教育 同志社大学大学院社会学研究科メディア学修了
職業 ジャーナリスト
ニュースキャスター
活動期間 2001年 -
代表経歴ニュースの深層』サブキャスター
肩書き 河合塾英語講師
APF通信社記者・リポーター
中東放送センター英語版東京特派員
配偶者 無し
家族 重信末夫(母方の祖父)
重信房子(母)

経歴・人物編集

テロリストで元日本赤軍のリーダー・重信房子受刑者の長女。父親はパレスチナ人の活動家で、イスラエルとの闘争中にミサイル攻撃により暗殺されたと推測される。8歳の誕生日に母親から「パレスチナ人と共に闘うため日本から来た」と教えられた。イスラエル情報機関を警戒して難民キャンプや民家を転々とし、母親の仲間以外には出生や本名を伏せて暮らした。通学や出入国に必要な仮の身分証明書の確保には、アラブ諸国などの支援を受けたという[1]

1997年にベイルート・アメリカン大学を卒業後、同大学国際政治学科大学院に進学し、1998年から2001年までレバノン大学でジャーナリズムを学んだ。出生後、どこにも届け出がされていなかったために28年間無国籍であったが、2001年3月5日に日本国籍を取得し、同年4月3日に初来日した。

2011年、同志社大学渡辺武達による指導のもと、同大学大学院社会学研究科メディア学(博士課程)を修了。「アルジャジーラ放送アラビア語報道局によるフレーミングと議題設定効果の研究 : 衛星チャンネルのアラブ社会への影響の視点から」で博士(メディア学)。

河合塾で英語の講師を務めながら(2002年4月 - )、APF通信社に記者・リポーターとして在籍(2004年1月 - )。中東放送センター英語版の東京特派員も務める(2009年 - )。

重信メイの後見人は、玄洋社の総帥だった頭山満の孫で、玄洋社の流れを汲む呉竹会会長の頭山興助である。これは、重信房子の父・重信末夫血盟団の元メンバーで、五・一五事件に連座した頭山満の3男・頭山秀三とも関わりがあったことから、重信房子が逮捕後、頭山興助に依頼したものである[2]

著書編集

出演編集

映画編集

テレビ番組編集

脚注編集

[ヘルプ]

外部リンク編集