瀬々敬久

1960-, 映画監督、脚本家、テレビ、ドキュメンタリー等の演出家、俳優。

瀬々 敬久(ぜぜ たかひさ、1960年5月24日 - )は、日本の映画監督脚本家演出家俳優である[1]。筆名には、臼野 朗(うすの ろう)、迦桜羅(かるら)、甲賀 三郎(こうがさぶろう)、南極1号(なんきょくいちごう)等がある[1]

ぜぜ たかひさ
瀬々 敬久
瀬々 敬久
第30回東京国際映画祭にて(2017年10月)
別名義 臼野 朗 うすの ろう
迦桜羅 かるら
甲賀 三郎 こうがさぶろう
南極1号 なんきょくいちごう
生年月日 (1960-05-24) 1960年5月24日(60歳)
出生地 日本の旗 日本大分県西国東郡真玉町(現:豊後高田市
職業 映画監督演出家脚本家俳優
ジャンル 映画オリジナルビデオテレビドラマドキュメンタリー番組
活動期間 1985年 -
主な作品
映画
MOON CHILD
感染列島』『ヘヴンズ ストーリー
アントキノイノチ
64-ロクヨン- 前編/後編
8年越しの花嫁 奇跡の実話』『友罪
菊とギロチン』『
テンプレートを表示

人物・来歴編集

1960年5月24日[2]大分県真玉町(現:豊後高田市)に生まれる[3][4]

大分県立高田高等学校時代に数合わせで入部させられた物理部にたまたまビデオカメラが備えてあったために、自主制作映画を撮り始める。当時は大林宣彦大森一樹石井岳龍など学生の自主映画からすぐにデビューする映画監督が登場し、テレビや雑誌で多く紹介されていたことで影響を受けたという[5]。大阪での予備校生活を経て京都大学文学部哲学科に入学後、映画部に入部。満25歳を迎える1985年、16mm映画『ギャングよ、向こうは晴れているか』を自主製作、監督する[3]

同学卒業後、1986年、向井寛主宰の獅子プロダクションに所属[6]、同社や国映等でピンク映画の助監督を務め、1987年12月に公開された佐藤寿保監督、佐野和宏主演の『仮面の誘惑』でチーフ助監督を務める[1]。佐藤のチーフ助監督を務めたのちに、1989年、国映製作、中島小夜子主演による『課外授業 暴行』で商業映画の監督としてデビュー[1]、同年、ピンク大賞新人監督賞を受賞する[3]。佐藤寿保、サトウトシキ佐野和宏などとともに、ピンク四天王と呼ばれた[3]。一貫して地方や郊外を描くことでも知られていた。

NONFIX』等、テレビのドキュメンタリー番組の演出も手がけている。俳優としても、1991年の片岡修二監督の『買春スペシャル 欲望貴族』や、2006年公開の足立正生監督の『幽閉者 テロリスト』 のほか、2009年に公開された鈴木卓爾監督の『私は猫ストーカー』に出演している[7]

2010年には、4時間38分の上映時間を持つ長編映画『ヘヴンズ ストーリー』を公開するにあたり、同年8月10日 - 同月18日、アテネ・フランセ文化センターで、「The Soul of Zeze 瀬々敬久自選作品集」と題する34作品に及ぶレトロスペクティヴ上映を行った[3]。2011年、同作で芸術選奨文部科学大臣賞映画部門を受賞した[8]

作品編集

特記なき作品は監督のみ[1][3][7][9]。脚本は共同執筆も含む。

映画編集

オリジナルビデオ編集

  • ハイヒールGANG(1991年)- 脚本
  • スキャンダラス・ボディ(1993年)- 脚本
  • スキャンダラス・ボディ2(1993年)- 脚本
  • 極道物語 花町一家四代目 竹田知佳(1994年)- 脚本
  • 学校のY談(1996年)- 脚本
  • 美姉妹色情飼育(1998年)- 脚本
  • 禁断の扉 スカートの中の性衝動(1999年)- 監督・脚本
  • 淫夢 さまよえる記憶(2000年)- 脚本
  • ごろつき稼業 仕事人サブ(2000年)- 脚本
  • ブリード 血を吸う子供(2000年)- 監督・脚本
  • 超極道(2002年)- 監督・脚本
  • 危険なOLたちスペシャル(2002年)- 監督・脚本

テレビ編集

関連項目編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 当初、監督は上野俊哉であったが、彼の入院により、脚本を書いた瀬々が途中で引き継いで完成させた[10]

出典編集

  1. ^ a b c d e 瀬々敬久、日本映画データベース、2010年8月6日閲覧。
  2. ^ OKStars インタビュー - Vol.143 映画監督 - 瀬々敬久”. OKWave (2011年). 2015年12月8日閲覧。
  3. ^ a b c d e f The Soul of Zeze 瀬々敬久自選作品集アテネ・フランセ文化センター、2010年8月6日閲覧。
  4. ^ 青春は「待つ時間」だった=映画監督・瀬々敬久さん 毎日新聞 2018年8月21日閲覧。
  5. ^ 人生は矛盾だらけ。そこを乗り越えようと「もがく人」は、魅力的だ
  6. ^ 『アントキノイノチ』瀬々敬久監督 - 映画芸術
  7. ^ a b 瀬々敬久、allcinema ONLINE, 2010年8月6日閲覧。
  8. ^ 芸術選奨、加山雄三さんら31人 (1/2)”. 朝日新聞 (2011年3月22日). 2015年12月8日閲覧。
  9. ^ 瀬々敬久、キネマ旬報映画データベース、2010年8月6日閲覧。
  10. ^ 『日本映画人名事典 監督編』「上野俊哉」の項目より
  11. ^ “瀬々敬久監督「なりゆきな魂、」つげ忠男役・佐野史郎の姿切り取ったビジュアル到着”. 映画ナタリー. (2016年7月31日). http://natalie.mu/eiga/news/195846 2016年8月1日閲覧。 
  12. ^ “佐藤健×土屋太鳳で難病と闘ったカップルの実話を映画化、監督は瀬々敬久”. 映画ナタリー. (2016年12月7日). http://natalie.mu/eiga/news/212205 2016年12月7日閲覧。 
  13. ^ 菅田将暉と小松菜奈W主演!中島みゆきの「糸」が映画に、監督は瀬々敬久”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年6月10日). 2019年6月10日閲覧。
  14. ^ “菅野美穂、10年ぶり映画主演! 高畑充希&尾野真千子と共に瀬々敬久監督と初タッグ”. 映画.com (エイガ・ドット・コム). (2020年12月10日). https://eiga.com/news/20201210/3/ 2020年12月10日閲覧。 
  15. ^ ““容疑者”佐藤健と“刑事”阿部寛が対峙 「護られなかった者たちへ」ビジュアル完成&21年秋公開”. 映画.com. (2020年12月10日). https://eiga.com/news/20201210/5/ 2020年12月10日閲覧。 

外部リンク編集