四元 義隆(よつもと よしたか、明治41年(1908年3月8日 - 平成16年(2004年6月28日)は、日本の右翼、実業家。元三幸建設工業社長・会長。政界の指南役。血盟団のメンバーの一人。別名「一匹狼の非利権右翼」。

よつもと よしたか
四元 義隆
生誕 明治41年(1908年3月8日
日本の旗 日本 鹿児島県
死没 平成16年(2004年6月28日
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京帝国大学法科(現、東京大学法学部
職業 政治運動家、三幸建設工業社長・会長
運動・動向 帝大七生社血盟団翼賛壮年団

近衛文麿鈴木貫太郎首相秘書を務め、戦後は政界の黒幕的な存在として吉田茂池田勇人佐藤栄作福田赳夫大平正芳竹下登宮沢喜一などの歴代総理と親しく、特に中曽根康弘細川護煕政権では「陰の指南役」と噂された。立憲民主党衆議院議員で元国務大臣荒井聰は、娘婿。西郷隆盛とは遠い親戚である[1]

経歴編集

鹿児島県鹿児島市に生まれる。鹿児島県立第二鹿児島中学校(現鹿児島県立甲南高等学校)、第七高等学校造士館(現鹿児島大学)で学び、七高在学中に敬天会を組織して国家主義運動を始める[2]1928年4月に東京帝国大学法科(現、東京大学法学部)入学。在学中に上杉慎吉主宰の帝大七生社の同人となる[2]

大学中退後、安岡正篤金鶏学院に入ったがロンドン海軍軍縮条約の反対運動の時に安岡に四元は不満を抱いた。その頃に井上日召と知り合い、血盟団の同志となる。1932年血盟団事件に参加し、牧野伸顕の暗殺を担当していたが未遂に終わり逮捕される[2]1934年11月22日に殺人罪で懲役15年の実刑判決。1940年に他の団員と共に恩赦で出所する[2]権藤成卿亡き後の右翼思想の最高指導者と呼ばれ[3]近衞文麿緒方竹虎ブレーンとして活動した[2]

1941年に井上らとともに「ひもろぎ塾」を設立[4]1944年翼賛壮年団理事。終戦の際には親衛隊を結成して鈴木貫太郎宮城事件から守った[5][6]

戦後は公職追放となり[7]、農場経営を経て、1955年から田中清玄の経営していた三幸建設工業の社長となる。2000年、同社会長2003年に会長を退任した[8]拓殖大学の理事となり、中曽根を総代として招いた[2]

2004年に死去。享年96。

発言編集

以下は『昭和・平成 日本 黒幕列伝 時代を動かした闇の怪物たち』より

  • 「ぼくは河野一郎が嫌いでね、若いころだったら叩き殺してやるよ」
  • 「今の日本には、そのために生き、そのために死んでもいいというものが何もない」

その他編集

1985年に中曽根が靖国参拝中華人民共和国から批判を受けたときには、訪中して間を取り持った[2]

松本礼二ら「遠方から」一派の依頼を受け、新東京国際空港(現・成田国際空港)の開港に前後して成田空港問題の解決を図り、高知空港公団理事の西村明に協力させるなど[注 1]、水面下での反対派と政府の接触を取り持ったが、マスコミのリークを受けて双方が交渉の事実を否定したため成果が失われた[9][3][11][12]

参考文献編集

  • 『昭和・平成 日本黒幕列伝 時代を動かした闇の怪物たち』 宝島社、2005年。ISBN 978-4796646208 
  • 金子淳一 『昭和激流 四元義隆の生涯』 新潮社、2009年。ISBN 978-4103141419 

関連項目編集

出典編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 西村は高知市護国寺での坐禅会で知り合った四元に師事しており、高知県職員時代から高知空港問題の解決に尽力した経歴を持ち農民や漁民との交渉がうまいと定評があった[9][10]

出典編集

  1. ^ 『昭和・平成 日本 黒幕列伝 時代を動かした闇の怪物たち』54頁より
  2. ^ a b c d e f g 堀幸雄 (1991). 右翼辞典. 三嶺書房. p. 599 
  3. ^ a b 隅谷三喜男『成田の空と大地』岩波書店、1996年、67頁。
  4. ^ 井上 日召”. コトバンク. 2019年12月14日閲覧。
  5. ^ 出町譲 (2019年8月20日). “「鈴木貫太郎親衛隊」陸軍クーデター部隊と攻防 70年目の証言"黒幕"は四元義隆 上”. NEXT MEDIA "Japan In-depth". 2019年12月25日閲覧。
  6. ^ 出町譲 (2019年8月21日). “「鈴木貫太郎親衛隊」陸軍クーデター部隊と攻防 70年目の証言"黒幕"は四元義隆 下”. NEXT MEDIA "Japan In-depth"[ジャパン・インデプス]. 2019年12月25日閲覧。
  7. ^ 公職追放の該当事項は「翼壮総務、血盟団要職者」。(総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年、778頁。NDLJP:1276156 
  8. ^ 中央ジャーナル2003年05月25日発行
  9. ^ a b 金子淳一 2009, pp. 257-261.
  10. ^ D.E.アプター『三里塚 もうひとつの日本』澤良世訳、岩波書店、1986年、211頁。
  11. ^ 福田克彦『三里塚アンドソイル』平原社、2001年、200頁
  12. ^ 伊藤睦, ed (2017). 三里塚燃ゆ 北総台地の農民魂. 平原社. pp. 235-237