重言(じゅうげん、じゅうごん)は、「から落馬する」「馬がいななく」のように、同じ意味の語を重ねる日本語修辞技法。意味を強調したり語調を整えるため[1]、あるいは理解を確実にさせるために用いられる[2]二重表現重複表現ともいう。有名な重言としては長嶋茂雄が現役引退時のスピーチで述べた「我が巨人軍は永久に不滅です」がある。

「頭痛が痛い」などの修飾語と被修飾語の意味が重複する形が重言となる。「巨大」「重複」「表現」など類義の漢字を重ねた熟語は、通常、重言とはいわない。ただし、同じ漢字を重ねた「堂々」「悠々」などの熟語を、畳語の類義語として重言ということもある。

また、「びっくり仰天」「むやみやたら」[3]えんどう豆」[4]「好き好んで」[5]「眉をひそめる」などのように、言葉の変化とともに二重表現としてではなく一つの単語や慣用表現として認識されるようになってきた例もある。さらには「きつねうどん」のように、地域によって意味が重複するかどうかの認識に差がある場合もある。

目次

編集

日本語と外来語の重複編集

固有名詞編集

  • シティバンク銀行[6] - バンク(英語: bank)だけで「銀行」の意味がある。
  • アイワイバンク銀行 - 同上。かつてのセブン銀行の名称。 ただし、これらは銀行法第六条に定められた「銀行は、その商号中に銀行という文字を使用しなければならない。」という規定に従ったものである。
  • TVKテレビ - かつてのテレビ神奈川の略称

外来語と外来語の重複編集

固有名詞編集

  • サハラ砂漠 -「サハラ」はアラビア語で「砂漠」の意味。
  • ゴビ砂漠 - 「ゴビ」はモンゴル語で「砂漠」の意味。
  • リオ・グランデ川 - 「リオ (rio)」はスペイン語で「川」。「グランデ (grande)」は「大きい」。
  • メナム川 - 「メナム(แม่น้ำ)」はタイ語で「川」。現在では非タイ語話者による勘違いと見なされ、同呼称が使用されることはほとんど無くなった。

古典編集

浄瑠璃鑓の権三重帷子(やりのごんざかさねかたびら)』(近松門左衛門作、1717年初演)で重言という言葉が使われている。この作品に何度か出てくる「馬から落ちて落馬」というフレーズは有名で、典型的な重言の例として頻繁に言及される。

の駒にもけつまづき、馬から落ちて落馬いたしたと、片言やら重言やら

これが現代にも伝わり、「古の昔、武士の侍が―」と頭に挿入される言葉遊びになった。

荘子の「重言」編集

荘子は、自著『荘子』にて寓言、重言、卮言という3つの文章術を提示したが、ここでいう重言とは古の偉人の言葉を引用して説得力を増す話法を指し、同義語の重複表現とは無関係である。

脚注編集

  1. ^ 『日本語大辞典(第二版)』
  2. ^ 『新版日本語学辞典』
  3. ^ 『日本語解釈活用事典』
  4. ^ 『広辞苑(第5版)』
  5. ^ 『新明解国語辞典(第5版)』
  6. ^ 村上春樹は『サラダ好きのライオン 村上ラヂオ3』(マガジンハウス 2012年p.197)の「今週の村上」の中で“「シティバンク銀行」って、看板を見るとつい声に出して読んでしまう僕は変だろうか?”と述懐している。

関連項目編集