メインメニューを開く

野わけ』(のわけ)は、渡辺淳一の小説。女性ファッション雑誌non-no』の1972年6月20日号から1973年8月20日号に連載された。単行本1974年集英社から初出版、後に文春文庫集英社文庫角川文庫からそれぞれ出版された。本項目では、同作を原作としたテレビドラマについても記述する。

ストーリー編集

舞台は初夏から野分吹く秋にかけての京都。ヒロインは東山総合病院輸血部で働く血液検査技師の有沢迪子。ある時、迪子の不注意な発言がきっかけで再生不良性貧血の子供の患者の輸血が止められるという事件が起こる。部長の阿久津恭造は迪子を怒鳴りつける。しかし一方で、迪子は妻子ある恭造を愛するようになる。恭造の義弟・辻村圭次の見合いを買って出たこともあったが、そのうちどんどん恭造に傾き「自分のものにしたい」欲が増し、妻への嫉妬も増すばかり。迪子は5か月後に秋野友彦との結婚を控えている身だったが…、その秋野もバーの女・安井時子と関係を持っており、それを知った迪子は恭造との愛と板挟みになりながら悩む。一時は恭造との別れを願掛けて無言詣でをするも愛は断ち切れず、やがて義弟・圭次にも迪子と恭造の関係を知られ、ますます波瀾を呼ぶ…[1]

テレビドラマ編集

野わけ
ジャンル テレビドラマ
脚本 石松愛弘
演出 鶴橋康夫
出演者 大谷直子津川雅彦古谷一行浜木綿子小坂一也岡崎友紀本阿弥周子芦田伸介 ほか
オープニング 小坂恭子『風の挽歌』
プロデューサー 森開逞次、香坂信之
制作 よみうりテレビ
放送
放送国・地域   日本
放送期間 1975年5月8日〜1975年9月25日
放送時間 木曜日21:00〜21:55
放送枠 よみうりテレビ制作木曜9時枠連続ドラマ
放送分 55分
回数 21
テンプレートを表示

1975年5月8日から1975年9月25日まで、毎週木曜日21:00〜21:55の枠で放映。全21話。VTRを駆使し、神社仏閣、自然、街並みなど京都の風景を押し出した演出もされていた[2]

キャスト編集

スタッフ編集

主題歌編集

よみうりテレビ日本テレビ よみうりテレビ制作木曜21時台枠ドラマ
前番組 番組名 次番組
北都物語-絵梨子のとき-
(1975.1.9 - 1975.5.1)
野わけ
(1975.5.8 - 9.25)
冬の陽
※21:00 - 21:54
(1975.10.2 - 1976.1.1)
日本テレビ系 木曜21:54 - 21:55枠
【当番組までよみうりテレビ制作枠】
北都物語-絵梨子のとき-
※21:00 - 21:55
(1975.1.9 - 1975.5.1)
野わけ
(1975.5.8 - 9.25)
NNNニューススポット
※21:54 - 21:55
【1分拡大して継続】
【ここから日本テレビ制作枠】

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 参考:読売新聞朝日新聞毎日新聞京都新聞北海道新聞 各縮刷版
  2. ^ 1975年5月1日京都新聞テレビ欄での本作の紹介記事より。