メインメニューを開く

NNNニューススポット

NNNニューススポット』(エヌエヌエヌニューススポット)は、1963年10月から2008年9月29日まで日本テレビNNN)で放送されていたスポット枠の報道番組である。タイトルロゴは1970年代から最終回まで変更されなかった。

NNNニューススポット
ジャンル スポットニュース
出演者 日本テレビアナウンサー
オープニング 下記参照
制作 日本テレビ
放送
音声形式 二ヶ国語放送(一部期間)
放送国・地域 日本の旗 日本
13時台
放送期間 1972年4月 - 1993年3月
放送時間 下記参照
各話の長さ 5分
14・15時台
放送期間 【平日】1969年4月 - 1982年3月
【土曜】1969年10月 - 2005年3月
【日曜】1974年10月 - 2005年3月
放送時間 下記参照
各話の長さ 4分→5分
17時台
放送期間 1983年4月 - 1986年9月
放送時間 平日 17:00 - 17:04
各話の長さ 4分
19時台
放送期間 【水曜】
1970年4月1日 - 1972年9月
【日曜】
1968年4月7日 - 1970年9月20日
1971年4月25日 - 10月17日
放送時間 【水曜】下記参照
【日曜】19:56 - 20:00
各話の長さ 共に4分
20・21時台
放送期間 1963年10月 - 2008年9月29日
放送時間 下記参照
各話の長さ 4分→5分→6分→3分
21・22時台
放送期間 1967年10月 - 1980年3月
※一部曜日で放送なしの期間あり
放送時間 下記参照
各話の長さ 4分→5分→6分→3分

目次

概要編集

日本テレビ系列で放送されたスポットニュースの総称。

毎日20:54(実際は20:55、基本枠・前後の番組によって時間が変わる)からのスポット枠はNNN系列で全国ネットされていた。一部地域によってはローカルニュースに差し替えられる場合があった。また、末期は特番期の20時台と21時台の間がステブレレスで始まる事も多く、番組自体がない事もあった。

1990年代前半頃までは二ヶ国語放送(一部地域を除く)、21世紀に入ってからは字幕放送も実施されていた(字幕は事前にニュース原稿を基に作成し、放送開始と共に自動送出される。いわゆるリアルタイム字幕放送ではなかった)が、速報的なニュースや現場からの生中継を伴うニュースの場合には行われないこともあった(その場合、字幕には「都合により、字幕を中止いたします。」と表示された)。

大晦日など『NNNきょうの出来事』や『NEWS ZERO』などの最終ニュース休止で23時以降も長時間番組の中でニュースコーナーがない場合は、この番組がその日の最終便ニュース番組となる場合もあった(なお、2007年の大晦日から2008年の正月三が日はこの番組の放送自体がなかった)。

また、かつては午後にも放送され、一部地域でネット放送され、日本テレビのアナウンサーが1〜3項目のニュースを伝えていたが、2005年3月いっぱいで終了した。さらに遡れば、『ザ・ワイド』放送開始までは月〜金曜日の13:55からの放送もあった。

中京テレビなど、同番組名を冠しながらローカルニュースを放送している系列局も存在していた。

NNN系列のスポットニュース枠として45年にわたり放送されたが、日本テレビ本体の収益悪化などに伴いリストラ対象番組に含まれ、2008年9月29日をもって終了した。同時に1993年4月から関東ローカルで放送されていた「あすの天気」(前身「あすの全国の天気」)(一時期は後述のプレ番組でループ表示していた)も終了している。これにより日本テレビは、平日及び土・日曜日を含めて20:54のスポットニュース枠から一時撤退することになった。

NNN報道特別番組としての復活編集

2011年3月15日16日18日21日22日は、東日本大震災関連報道のため『まもなく!』の代替番組として『NNN報道特別番組』が本番組と同様の形で放送された。東北・日テレのみ。なお、17日は『ママ大好き!』、19日は『ワーズハウスへようこそ』、20日は『音のソノリティ』を通常どおり放送した。

日本テレビにおけるスポットニュースの復活編集

2011年7月4日より日本テレビでは月曜日 - 金曜日の20:54 - 21:00にスポットニュース『ZERO MINUTE』が関東ローカルで放送され、20:54のスポットニュース枠が2年9ヶ月ぶりに復活したが、2017年3月に終了している。

放送時間の変遷編集

13時台編集

1993年4月以降は14・15時台に移動して『ザ・ワイド』に内包(「NEWS撮って出し」)。中断を経て現在は『情報ライブ ミヤネ屋』のニュースコーナーに継承。なお、1987年10月以降は『午後は○○おもいッきりテレビ』内にニュースコーナー(「情報特急便」)が開始されたため、ニュースが連続して放送されていた。

なお12:00からの情報ワイドショー番組におけるスポットニュースは『おもいッきりテレビ』終了後も『おもいッきりイイ!!テレビ』(ニュースエスプレッソ)→『おもいッきりDON!』(丸岡キャスターのNEWSエクスプレス)→『DON!』(NEWSエクスプレス)→『ヒルナンデス!』(NNNニュース)とそれぞれ13:30前後に放送されているので、2つの情報ワイド番組でぞれぞれスポットニュースの枠は連続で用意されている)

  • 1972年4月 - 1974年3月 平日13:25 - 13:30[1]
  • 1974年4月 - 1987年9月 平日13:55 - 14:00[2]
  • 1987年10月 - 1988年9月 平日13:50 - 13:55[3]
  • 1988年10月 - 1993年3月 平日13:55 - 14:00

14・15時台編集

週末は基本の放送時間。編成上の都合で変動あり。なお平日枠の廃止は、1982年4月度の改編で、NNN協定外の「読売新聞ニュース」(読売新聞東京本社製作・読売映画社→読売映像協力。ローカルセールス・任意ネット枠。1996年4月以後「読売新聞は~い夕刊」)の放送枠が17:00-17:10の枠から15:50-16:00に枠移動したことに伴ってのものである。

期間 放送分 平日 土曜 日曜
1969.4 1969.9 4分 15:56 なし
1969.10 1970.9 15:56 なし
1970.10 1974.3 14:56
1974.4 1974.9 15:56 14:56
1974.10 1982.3 5分 15:55 14:25 15:40
1982.4 1986.3 なし[4] 15:25[5]
1986.4 1996.3 13:55[6]
1996.4 2000.3 14:55[7]
2000.4 2005.3 15:25[8]

17時台編集

  • 1983年4月 - 1986年9月 平日17:00 - 17:04

19時台編集

水曜日
  • 1970年4月1日 19:26 - 19:30
  • 1970年4月8日 - 1971年9月 19:56 - 20:00[9]
  • 1971年10月 - 1972年9月 19:26 - 19:30[10]
日曜日
  • 1968年4月7日 - 1970年9月20日 19:56 - 20:00[11]
  • 1971年4月25日 - 1971年10月17日 19:56 - 20:00[12]

20・21時台編集

1960年代から1970年代にかけては、プロ野球中継がある日は、延長扱いではなく、最初から21時台の番組を21:30からに繰り下げていたため、本番組もそれに伴って30分繰り下げとなっていた。

1980年3月以降は、原則20:54 - 21:00は本番組+『番組フラッシュ』(番組宣伝番組)、21:54 - 22:00は『NNN海外スポット』+天気予報(21・22時台が2時間枠の場合は21:00 - 21:02に天気予報のみ放送)という形となり、21 - 22時台の枠は廃止された。1981年10月からは21:54 - 22:00が天気予報+『番組フラッシュ』に変更。以後、放送終了までに、徐々に20:54 - 21:00が本番組+天気予報、21:54 - 22:00がミニ番組という形に統一されていった。

重大なニュースが入って夕方のニュース(NNNニュースプラス1NNN Newsリアルタイム)で「特報」編成となった場合、20時台の番組と当番組との枠を入れ替えることがあった。[13]

期間 放送分 月曜 火曜 水曜 木曜 金曜 土曜 日曜
1963.10 1968.3 4分 20:56または21:26[14]
1968.4 1969.9 20:56 21:26[15] 20:56
1969.10 1970.9 20:56 21:26[16] 20:56 20:56 20:56 21:26[17] 20:56
1970.10 1971.3 20:56
1971.4 1971.9 21:26[15]
1971.10 1972.3 20:56 21:26[15]
1972.4 1972.9 21:26[15] 20:56
1972.10 1973.3 5分 20:55 20:55 20:55
1973.4 1973.9 21:25[18]
1973.10 1975.9 20:55
1975.10 1979.3 6分 20:54
1979.4 2008.9 3分[19]

21・22時台編集

20・21時台と同様、1960年代から1970年代にかけては、プロ野球中継がある日は、延長扱いではなく、最初から30分繰り下げとなっていた。

期間 放送分 月曜 火曜 水曜 木曜 金曜 土曜 日曜
1967.10 1968.9 4分 21:56または22:26(詳細不明)
1968.10 1969.9 21:56 22:26[20] 21:56 22:26[20]
1969.10 1970.3 22:26[21] 22:26[21] 22:26[22] 22:26[23] 21:56
1970.4 1970.9 22:26[20] 22:26[20]
1970.10 1971.3 22:26[20]
1971.4 1972.3 22:26[21] 21:56
1972.4 1972.9 なし[24] なし[25]
1972.10 1973.3 5分 21:55 21:55 21:55 22:25[22] 22:25[20]
1973.4 1973.9 22:25[23] 22:25[20]
1973.10 1974.3 21:55 21:55
1974.4 1975.9 21:55 21:55
1975.10 1979.3 6分 21:54 21:54
1979.4 1980.3 3分[19]

20:54 - 21:00枠の系列各局の放送状況編集

  • タイトル、ネット状況、備考はいずれも放送当時のもの。
  • ネット状況については重大時を除く。ローカルニュースを放送する系列局のほとんどが、ローカル返上で全国ネットに切り替えていたため。
  • ローカルタイトルに関しての詳細は、各番組の頁を参照。
  • ○…全曜日ネット、▲…土日のみネット、△…日曜のみネット、☆…不定期ネット、×…全曜日ローカル差し替え
放送局 放送枠タイトル ネット状況 備考
日本テレビ(NTV) NNNニューススポット 製作局
札幌テレビ(STV) STVニューススポット × 1991年10月より現タイトル
(以前は『STVニュース』→『STVニュースtodayスポット』)
青森放送(RAB) NNNニューススポット
テレビ岩手(TVI) TVIニューススポット 日曜のみタイトル含め完全同時ネット
1980年代(時期不明)までは
平日も同時ネット
ミヤギテレビ(MMT) NNNミヤギテレビニュース ×
秋田放送(ABS) NNNニューススポット 火曜と金曜のみ『さきがけABSニュース』を連結して放送[26]
山形放送(YBC) YBCニューススポット 土日はタイトル含め完全同時ネット
福島中央テレビ(FCT) NNN FCTニュース ×
山梨放送(YBS) NNNニューススポット
テレビ新潟(TeNY) ローカルニュースも内包して放送
テレビ信州(TSB) TSBニュース 土日のタイトルは『NNNニューススポット TSB
静岡第一テレビ(SDT) NNN第一テレビニュース × 緊急時と静岡県の話題を除き全くネットしていなかったが、静岡けんみんテレビ(現・静岡朝日テレビ)のクロスネット時代はネットしていた事があった
北日本放送(KNB) KNBニューススポット NNN
テレビ金沢(KTK) テレビ金沢ニュース 2007年9月までは『北國新聞ニュース
開局からの数年は『KTKニューススポット』として同時ネット
福井放送(FBC) 天気予報 非ネット(ニュース放送なし)
中京テレビ(CTV) NNNニューススポット 基本はローカルニュースだが
時々ネット受けしていた
読売テレビ(ytv) ローカルニュースに差し替えの時もあり
日本海テレビ(NKT) NKTニューススポット 土日はタイトル含め完全同時ネット
広島テレビ(HTV) NNNニューススポット 1980年代の一時期
ローカルニュースに差し替えの時期あり
(『ニューススポット広島テレビ』として)
山口放送(KRY) KRY NNNニューススポット
四国放送(JRT) NNNニューススポット
西日本放送(RNC) ローカルニュースに差し替えの時もあり
南海放送(RNB)
高知放送(RKC) ローカルニュースも内包して放送(日曜除く)
福岡放送(FBS) FBS NEWS ×
長崎国際テレビ(NIB) NIBニューススポット
くまもと県民テレビ(KKT) KKTニュース
テレビ大分(TOS) TOSニュース
テレビ宮崎(UMK) UMK NEWS 月・金はローカルニュース
火-木・土はフジ系
FNNレインボー発』をネット
鹿児島読売テレビ(KYT) KYTニュース NNN 同時ネット
2000年代中盤に限りローカルニュースに差し替えていた時期がある
前タイトルは『KYTニューススポット NNN

ハプニング編集

  • 1987年6月28日放送のこの番組のオープニングのBGMで、誤って同局制作の『笑点』のテーマソングが流れた事がある。この日の『笑点』の放送は特別編成の都合上、このニュースの後の午後3時から放送されることになっていた(本来流すはずのオープニングの曲は、黛敏郎作曲の『NNNニュースのテーマ』(1973年制作)だった)。この日の担当アナウンサーは多昌博志で、ニュースの内容も「緊迫する韓国を協議」というものだった。後になってテーマ曲が違っていたことに気付き、番組最後には多昌による謝罪があった[27]

四国放送の「ニューススポット」編集

四国放送ホームページの番組表新聞上では、2011年3月31日まで平日15:55からNNNの付かない「ニューススポット」という番組名が見受けられたが、これは系列外にもかかわらずネットしているテレビ朝日の『ANNニュース』(テレビ朝日では14:55 - 15:00)であり、放送上では「ニューススポット」の表示は出ず、タイトルの差し替えもなく「ANNニュース」のまま遅れネットで放送された。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 12:30の『お昼のワイドショー』と13:30の『ごちそうさま』が、それぞれ30分ずつ繰り上がったため設置。なお開いた13:15 - 13:20には10分帯番組『千夏・英太のハハア!なるほど』→『スターアルバム』を設置した。
  2. ^ 13:15の帯番組が15分番組『おしゃれ』に代わり、13:45 - 14:00の北日本放送制作日昼ドラが廃枠になったため移動。
  3. ^ 午後は○○おもいッきりテレビ』に内包
  4. ^ 読売新聞ニュース』が17:00から15:50に枠移動したため放送終了。
  5. ^ 12:00 - 12:55に『新婚さん!目方でドン!』が設置されたため、13:10のガイド枠、13:15の『TVジョッキー日曜大行進』、14:15の『日曜スペシャル』、15:45の『日曜映画劇場』と共に15分繰上げ(『日SP』は移動と同時に『日曜特番』に改題)。
  6. ^ 土曜は原則『サスペンス傑作劇場』の後に固定。
  7. ^ 『サスペンス傑作劇場』の前に『メレンゲの気持ち』が放送開始したため。
  8. ^ 『メレンゲの気持ち』が30分拡大したため。
  9. ^ 1日開始の『ヒットで突っ走れ!』の放送枠が30分拡大したため。
  10. ^ 前半枠が『ヒットで突っ走れ!』の後継番組である『全国テキに歌ァ!』、後半枠が『いじわるばあさん(アニメ第1作)』と本番組だったのが、前半枠が『奇想天外歌合戦』と本番組、後半枠が『新オバケのQ太郎』に変わったため、元に戻る。1972年10月に前半枠が『アストロガンガー』のみになったことにより廃枠。
  11. ^ ディズニーランド』を金曜20時枠から移動したため設置。1971年10月に『ゴールデン・キックボクシング』(前半枠)と『日清世界クイズ』(後半枠)を設置したため一旦中止。
  12. ^ 日曜日だョ!ドリフターズ!!』設置のため復活。1971年10月24日に『資生堂・サンデーヒットパレード』(前半枠)と『ルパン三世 (TV第1シリーズ)』(後半枠)設置のため廃枠。
  13. ^ 例・20:54 - 21:00→19:58 - 20:04(一部は20:00 - 20:06)
  14. ^ 火曜・木曜・土曜・日曜が90分番組(『三船敏郎アワー』『百万ドルの饗宴』など)の時は、21:26に繰下げて放送した。
  15. ^ a b c d 20:00 - 21:26に映画を放送したため。
  16. ^ 20:00 - 21:26に『巨泉×前武ゲバゲバ90分!』→『ゲバゲバ一座のちょんまげ90分!』を放送したため。
  17. ^ 20:30 - 21:26に時代劇枠があったため。
  18. ^ 20:00 - 21:25に『火曜スペシャル』放送のため。
  19. ^ a b 後半が天気予報に変更。
  20. ^ a b c d e f g 21:30 - 22:26にドラマ枠が存在したため(木曜は『夜のグランド劇場』)。
  21. ^ a b c 22時台が30分番組2本立ての編成だったため。
  22. ^ a b 21:30 - 22:26に『土曜グランド劇場』放送のため。
  23. ^ a b 21:30 - 22:26に『火曜日の女シリーズ』放送のため。
  24. ^ 21:30 - 22:00に『巨泉のチャレンジクイズ』、22:00 - 22:56に『火曜日の女シリーズ』を放送のため。
  25. ^ 21:30 - 22:56に映画を放送。のち21:00 - 22:54に『水曜ロードショー』放送のため。
  26. ^ 火曜は2時間ドラマ枠(『火曜サスペンス劇場』→『火曜ドラマゴールド』)、金曜は金曜ロードショーが絡んで放送枠を確保できなかった為。ただし『ニューススポット』終了までこの体制は続いた。
  27. ^ 笑えるけど超ヤバい! テレビ放送事故&ハプニング(2007年 マイケル宮内・著 廣済堂出版)p.64 - 65

外部リンク編集