メインメニューを開く

野口 元三(のぐち もとぞう、1941年10月6日 - )は京都府出身の元プロ野球選手捕手一塁手外野手)。

野口 元三
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府
生年月日 (1941-10-06) 1941年10月6日(77歳)
身長
体重
177 cm
79 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手一塁手外野手
プロ入り 1960年
初出場 1961年
最終出場 1962年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

平安高校では、同期のエース藤野隆司(東映)らとバッテリーを組み、甲子園に3回出場。2年生の時には1958年夏の甲子園に出場。準々決勝で高知商森光正吉に完封を喫する[1]1959年には春夏連続で甲子園に出場。春の選抜は2回戦で石黒和弘のいた中京商に敗退[2]。中京商はこの大会で優勝。この大会では第1号となる本塁打を放った。夏の選手権は準々決勝に進むが、この大会に優勝した西条高の金子哲夫(阪神)に抑えられ1-2で惜敗[1]

1960年読売ジャイアンツに入団。しかし正捕手の森昌彦(後に祇晶と改名)との競争では全く歯が立たず(森にとっては最初のライバルでもあった)、捕手としての出場は1962年の1試合に留まった(他に一塁手として1試合、外野手として6試合、代打代走要員として7試合に出場経験がある)。1963年大毎オリオンズに移籍し、この年限りで引退した。

巨人で、4番目に背番号55を付けた選手でもあった[3]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1961 巨人 3 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
1962 12 7 7 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 .000 .000 .000 .000
通算:2年  15 9 9 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 0 .000 .000 .000 .000

背番号編集

  • 5 (1960年)
  • 55 (1961年 - 1962年)
  • 72 (1963年)

脚注編集

  1. ^ a b 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  3. ^ 松井秀喜伝説のページより

関連項目編集