メインメニューを開く

野宮家(ののみやけ)は、羽林家家格を持つ日本公家藤原北家師実流花山院家庶流

野宮家
家紋
杜若かきつばた
本姓 藤原北家花山院流花山院庶流
家祖 野宮定逸
種別 公家羽林家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
東京府
著名な人物 野宮定縁
野宮定功
凡例 / Category:日本の氏族

明治維新後は定穀子爵に叙せられた。

系譜編集

実線は実子、点線(縦)は養子、点線(横)は婚姻関係。
花山院定熙
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠長野宮定逸1
 
 
 
 
 
野宮定逸定縁2[1]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
定雄定基3[2]
 
 
 
定俊4[3]
 
 
 
定之5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
定晴6定業
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
定顕7定業8
 
 
 
定静9
 
 
 
定祥10
 
 
 
定功11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
定平定美[4]定允[5]定穀12[6]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
定茂13綾小路護

幕末の領地編集

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の野宮家領は以下の通り。(2村・150石)

  • 山城国相楽郡菅井村のうち - 50石
  • 山城国相楽郡千童子村のうち - 100石

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 中院通純の子。
  2. ^ 中院通茂の2男、先代・定縁の甥。
  3. ^ 正親町公通の2男。
  4. ^ 久我建通の子。
  5. ^ 竹屋光有の2男。
  6. ^ 竹屋光有の3男、定允の実弟。

参考文献編集

系譜参考編集

関連項目編集