メインメニューを開く

野村 徹(のむら とおる、1937年1月1日 - )は日本野球選手捕手)・監督。アマチュア野球で活躍した。

野村 徹
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府
生年月日 (1937-01-01) 1937年1月1日(82歳)
選手情報
ポジション 捕手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

来歴編集

大阪府立北野高等学校から1957年早稲田大学に進み、頭脳派捕手として活躍した。1960年早慶六連戦では6戦全てにマスクをかぶり、エース安藤元博の力投を支えリーグ優勝に貢献した。東京六大学リーグ通算59試合出場、179打数40安打、打率.223、0本塁打、16打点。ベストナイン1回。

卒業後は社会人の大昭和製紙でプレーし、引退後監督を務め1970年第41回都市対抗野球大会でチームを優勝に導く。1985年大阪大学の特別コーチに就任。弱小のチームを近畿学生リーグ優勝に導き、関西代表決定戦で近畿大学に勝利し、全日本大学野球選手権大会に関西地区第一代表として初めて出場した。その後近大附属高校の監督に招かれ、1988年に春夏連続甲子園出場を果たした。

その後長く高校野球の解説を務めていたが1999年2月に母校・早大の第16代監督に就任。これまでの監督の多くが所属する社業と監督業とを兼務せざるを得なかったが、野村は朝から夜遅くまでグラウンドに立ち続けフルタイムでチームを指導した。成果は同年の春季リーグ戦で表れ、藤井秀悟鎌田祐哉の両エースを擁して全10試合無失策という堅い守りを見せて優勝を飾る。2002年からはチーム史上初のリーグ戦4連覇を達成、2003年秋季にはこれもチーム初の10戦全勝優勝を達成した。在任6年で優勝5回、チームの再建を果たし、黄金時代を到来させた。なお、野村は特に就任早々の優勝については上級生たちを指導していた前監督佐藤清のおかげであると語っている。

2004年秋季に應武篤良をコーチに入れ、そのシーズン限りで應武に監督を譲り勇退。日本高野連評議員などを務めた。早大の試合がある日には神宮を訪れている。また、早慶戦を中心に試合中継の解説も務めている。

野球は守備から、という信念のもと、1球の大切さを選手たちに厳しく教え、低迷が続いていた早大野球部を再建した。門下からは藤井・鎌田の他に東辰弥江尻慎太郎和田毅比嘉寿光鳥谷敬青木宣親由田慎太郎田中浩康らのプロ選手を送り出した。彼らOBからは「1球の大切さ」を野村から学んだということが異口同音に語られる[要出典]

なお早大からは2006年宮本賢山本一徳まで8年連続でドラフト指名選手が出たが、その最初が野村監督初年度の藤井であった。

関連項目編集