メインメニューを開く

木次 文夫(きつぎ ふみお、1937年1月26日 - 1977年5月14日)は、長野県出身の元プロ野球選手内野手)。

木次 文夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 長野県
生年月日 1937年1月26日
没年月日 (1977-05-14) 1977年5月14日(40歳没)
身長
体重
183 cm
81 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手
プロ入り 1960年
初出場 1960年4月17日
最終出場 1962年9月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴編集

松商学園高では2年生からレギュラーとなる。1年上のエース堀内庄の好投もあり、右翼手として1953年夏の甲子園に出場。しかし1回戦で益田貢(早大大洋)のいた鳥取西高に敗退[1]。高校同期には三塁手中村修一郎がいた。翌1954年夏の大会にも一塁手として2年連続出場。ここでも1回戦で中京商に敗れるが、中山俊丈から先制となる中堅越えの三塁打を放って一躍その名を知られるようになる[2]。中京商はこの大会に優勝。

高校卒業に際して、早稲田大学を受験するも試験当日に受験票を忘れてしまい浪人生活を余儀なくされるが、1浪後無事に早大に進学[3]東京六大学野球リーグでは在学中2度優勝。1959年春季リーグでは主将として、金沢宏(大昭和製紙)、安藤元博らの投手陣を擁し、それまで4連覇を続けてきた立大に競り勝ち、3年振りの優勝に貢献した。同年の全日本大学野球選手権大会でも決勝で再試合の末、関学を降し優勝。リーグ通算66試合出場、198打数49安打打率.247、7本塁打、30打点。ベストナイン(一塁手)1回。通算7本塁打は当時長嶋茂雄の8本塁打に次ぐ歴代2位タイ記録であった。大学同期に近藤昭仁がいる。

プロ入りに際して、巨人大洋阪急の間で争奪戦となるが、1960年に巨人に入団。川上哲治の後を継ぐ大型一塁手として期待され、契約金長嶋茂雄王貞治より上であったという[2]。しかし、木次の入団で危機感を抱いたプロ入り2年目の王貞治が奮起、チームトップの17本塁打を打ち、同年のオールスターゲームに一塁手部門でファン投票選出されるほどの活躍ぶりで、一塁手のレギュラーの座を不動のものとした。同年の木次は先発出場すらなく、打率は1割にも満たずわずか23試合の出場に終わる。翌1961年も28試合の出場に留まり自由契約となる。1962年に国鉄に移籍、同年はイースタン・リーグで首位打者となるが、一軍では8打席で6三振と全く打てず同年限りで引退した。

引退後は飲食業土木建築業・ゴルフ会員権売買・植木リース業などを営んでいたが、1977年5月14日に自宅で亡くなっているのが発見された[4]。享年41(満40歳)。脳溢血と見られている。

評価編集

鳴り物入りで入団しながら全く活躍できずに球界を去ったことから、巨人の大損だったと評されたが、木次の加入によって王貞治が意識を改め、やがて大打者に成長する礎となったことから、決して無駄な補強ではなかったと評価する者もいる(近藤唯之[5])。また、受験票を忘れず1年間の浪人を経ずに巨人に入っていれば、王がもともと投手として入団したこともあり、最初から一塁手だった木次の巨人での立場も違ったものになっただろうともいわれた。一年目の王は打率.161という極度の不振にもかかわらず一塁手育成の観点から94試合に起用されており、同じ年に木次がいれば起用の機会は十分に与えられただろうからである(上前淳一郎[6]

1960年の春のキャンプで木次のバッティングを初めて見た王貞治は、ものすごい長打力を持つ恐ろしい打者が入ってきたとして、大変な危機感を持った旨を述べている[6]

大成できなかった原因として、バットに当たれば打球は飛ぶが、身体のシャープに欠けてバットスイングが鈍く、練習での改善は困難であった(与那嶺要[7]、野球選手に必要な敏捷さがなかった(水原茂[8]との評価がある。一方で、新しいことを教えた際に戸惑ってもたつき習得するのに時間がかかるところがあったが、素質は非常に豊かであったため、プロ野球でも二軍でじっくり鍛えれば大打者に成長したはずとも評される(石井連藏[9]

人物編集

木次自身は引退後も最後まで巨人ファンであった。特に王貞治を熱心に応援しており、病に倒れる少し前にも王が本塁打を打ったことを、まるで自分のことのように喜んで友人に話していたという[10]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1960 巨人 23 23 23 0 2 2 0 0 4 1 0 0 0 0 0 0 0 10 1 .087 .087 .174 .261
1961 28 27 23 1 3 1 0 0 4 1 0 0 0 1 2 0 1 7 1 .130 .222 .174 .396
1962 国鉄 8 8 8 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 0 .000 .000 .000 .000
通算:3年 59 58 54 1 5 3 0 0 8 2 0 0 0 1 2 0 1 23 2 .093 .138 .148 .286

記録編集

背番号編集

  • 15 (1960年 - 1961年)
  • 42 (1962年)

脚注編集

  1. ^ 『巨人軍 陰のベストナイン』11頁
  2. ^ a b 『巨人軍 陰のベストナイン』12頁
  3. ^ 『巨人軍 陰のベストナイン』13頁
  4. ^ 『巨人軍 陰のベストナイン』33頁
  5. ^ 『こうすれば人は動く―プロ野球名監督の用兵術』東急エージェンシー出版部
  6. ^ a b 『巨人軍 陰のベストナイン』15頁
  7. ^ 『巨人軍 陰のベストナイン』28頁
  8. ^ 『巨人軍 陰のベストナイン』29頁
  9. ^ 『巨人軍 陰のベストナイン』26頁
  10. ^ 『巨人軍 陰のベストナイン』34頁

参考文献編集

関連項目編集