メインメニューを開く

来歴・活動編集

山梨県生まれ。同志社大学文学部を卒業後、ジャーナリストとして『世界』などの月刊誌や、『週刊現代』などの週刊誌を舞台に執筆活動をおこなう。著書『破壊工作』の著者紹介によれば、「日本および日本人のおかれた状況を直視する仕事」を続けている。

大韓航空機爆破事件金賢姫李恩恵外交池田大作田中真紀子雅子妃JR関連など多数の著書がある。大韓航空機爆破事件に関しては北朝鮮韓国を除く、世界7か国と日本の各地を旅して、実行犯である北朝鮮工作員金賢姫と金勝一の足取りを追い、1990年5月に『破壊工作-大韓航空機「爆破」事件』を出版しており、金賢姫が実行犯であることに批判を呈している。

2006年3月23日には「朝鮮総聯大阪府商工会への拉致に関する強制捜査[1]に抗議する朝鮮総聯の集会にて

拉致問題に関する取材を進めていくうちに感じたことは、「拉致運動」なるものが当初の目的を喪失し、大きく逸脱しているということだ。この運動の目的は、日本の核武装戦争国家化である。つまり、「人権」や「被害」をうんぬんしている運動の指導者たちが拉致をあざ笑っているのである。日朝間の問題では、責任も取らず歩んできた日本に責任がある。それを日本人が直視して分析し、今後の道を探っていかなければならない。

と朝鮮総聯・北朝鮮を擁護する内容の挨拶を述べている[2]

また、野田は同集会に先立つ2004年6月30日に、『KAL858機事件真相究明討論会』に出席するため韓国に入国しようとしたが、仁川国際空港で「韓国の国益に反する者」という理由で入国を拒否された[3]

吉田康彦が主催する「北朝鮮人道支援の会」の会員でもある[4][5]。2016年7月、死去。享年71歳。

著書・共著編集

大韓航空機爆破事件金賢姫李恩恵関連
外交関連
池田大作関連
田中真紀子関連
雅子妃関連
JR関連
防衛関連

脚注編集

参考文献編集

外部リンク編集