メインメニューを開く

金剛三昧院(こんごうさんまいいん)は、和歌山県伊都郡高野町高野山にある仏教寺院宿坊高野山真言宗別格本山。本尊愛染明王仏塔古寺十八尊第11番霊場。西国愛染十七霊場第17番霊場。

金剛三昧院
Kongosanmaiin Tahoto.JPG
多宝塔(国宝)
所在地 和歌山県伊都郡高野町高野山425
位置 北緯34度12分36.8秒
東経135度35分13.1秒
座標: 北緯34度12分36.8秒 東経135度35分13.1秒
宗派 高野山真言宗
寺格 別格本山
本尊 愛染明王
創建年 建暦元年(1211年
開基 北条政子(発願)
札所等 仏塔古寺十八尊 第11番
西国愛染十七霊場 第17番
文化財 多宝塔(国宝)
経蔵、絹本著色愛染明王像ほか(重要文化財)
世界遺産
法人番号 2170005004845
テンプレートを表示
本堂
山門と正面奥に本堂

ユネスコ世界遺産紀伊山地の霊場と参詣道」の構成要素。

目次

歴史編集

建暦元年(1211年)、北条政子の発願により源頼朝菩提のために禅定院として創建された。開山供養には栄西も招かれ、開山第一世となった。

承久元年(1219年)、源実朝菩提のために禅定院を改築して金剛三昧院と改称し、以後将軍家菩提寺として信仰された。

貞応2年(1223年)、北条政子が禅定如実として入道し、建立奉行を葛山景倫(願性)・安達景盛が務め、源頼朝と源実朝の菩提を弔うために大日堂・観音堂・東西二基の多宝塔・護摩堂二宇・経蔵・僧堂などを建立した。鎌倉幕府高野山を結ぶ寺院であったため、高野山の中心的寺院の役割を担った。

嘉禎4年(1238年)、足利義氏が北条政子の十三回忌にあたり、金剛三昧院に大仏殿を建立し、丈六の大日如来像を奉安して政子の遺骨を納めた。

初代長老が退耕行勇であったことでも分かるように、当院は金剛峯寺とは別個のの三宗兼学の禅宗寺院として経営されていた。しばらくすると浄土教も取り入れるようになった。

葛山景倫(願性)は、安貞元年(1227年)に西方寺を創建していたが、正嘉2年(1258年)、かつて金剛三昧院で行勇に学んでいた心地覚心(法燈国師)を西方寺に迎えた。その際、西方寺に金剛三昧院の禅宗部門を移設した。それ以来金剛三昧院は密教寺院となるが、実融によって再興されて以後は律宗にも力を入れるようになる。

弘安4年(1281年)、北条時宗安達泰盛を奉行に任じて勧学院と勧修院の二院を造営、僧侶の学道研鑽の道場となり、高野版の摺本を用いた南山教学の中心地として栄えた。が、勧学院は文保2年(1318年)に後宇多法皇院宣によって壇上伽藍に移建された。

金剛峯寺の院家として扱われるのは、江戸時代初期頃と考えられている。

文化財編集

国宝編集

重要文化財編集

 
客殿及び台所(重要文化財)
 
境内(奥の建物は経蔵)
  • 経蔵 - 鎌倉時代初期(1223年)建立、校倉造
  • 客殿及び台所 - 江戸時代建立
  • 四所明神社本殿 - 天文21年(1552年遷宮
  • 金地著色梅花雉子図 14面 - 大広間襖絵、伝・小栗宗丹
  • 木造十一面千手観音立像 - 本堂安置、平安時代後期
  • 木造五智如来坐像5躯 - 多宝塔安置、鎌倉時代
  • 木造不動明王立像(帆不動) - 平安時代後期
  • 梵鐘 - 承元4年銘
  • 刀 銘繁慶 2口
  • 高野版版木 486枚

和歌山県指定天然記念物編集

  • 金剛三昧院の大シャクナゲ - ホンシャクナゲの群生。高さ10m以上の大木もあり、樹齢400年以上とも伝わる。

その他編集

  • 山門 - 江戸時代後期(文政期)築、重層

アクセス編集

 
 
金剛三昧院
金剛三昧院の位置

所在地編集

  • 〒648-0211 和歌山県伊都郡高野町高野山425

交通アクセス編集

関連項目編集

外部リンク編集