メインメニューを開く

鈴木 吉弘(すずき よしひろ、1968年5月15日 - )は、フジテレビジョン編成局制作センター第一制作室長。神奈川県出身、京都大学卒業。元株式会社鈴木会社所属[1]

目次

略歴・人物編集

神奈川県出身、京都大学卒。1991年フジテレビ入社。編成部、営業、BSフジなどを経て2001年よりドラマプロデューサーに。『電車男』『西遊記』『ガリレオ』などのヒット作品を手掛ける。

2009年にフジテレビを退社し、Wiiの間株式会社に入社。2011年5月には株式会社鈴木会社を設立して、フリーのプロデューサーとしてテレビや映画で活動する[2]。が、2017年6月30日で鈴木会社を閉鎖し翌日の7月1日からフジテレビに復職、編成局編成センターゼネラルプロデューサーだった。

2018年4月30日付、制作センター第一制作室長に昇格。鈴木雅之の後任となる。

TBSのプロデューサー、植田博樹は京大・映画サークルの先輩に当たる。

作品編集

テレビドラマ編集

プロデュース編集

企画編集

編成編集

テレビアニメ編集

プロデュース編集

企画編集

映画編集

プロデュース編集

プロデューサー編集

企画編集

脚注編集

外部リンク編集

先代:
和田実
(1991年4月~1992年9月)
ちびまる子ちゃん(アニメ)
プロデューサー
3代目
(1995年1月~9月)
次代:
鈴木専哉
(1995年9月~1996年9月)