HERO (2015年の映画)

HERO (テレビドラマ) > HERO (2015年の映画)

HERO』(ヒーロー)は、2015年7月18日に公開された木村拓哉主演日本映画

HERO
HERO.png
監督 鈴木雅之
脚本 福田靖
製作 亀山千広
島谷能成
製作総指揮 日枝久
松岡功
出演者 木村拓哉
松たか子
北川景子
佐藤浩市
杉本哲太
八嶋智人
濱田岳
小日向文世
吉田羊
正名僕蔵
松重豊
角野卓造
大倉孝二
田中要次
勝矢
森カンナ
新井浩文
イッセー尾形
児嶋一哉
音楽 服部隆之(作曲)
藤村義孝(編曲)
主題歌 服部隆之「HERO -Main Title-2015」
撮影 蔦井孝洋
編集 田口拓也
製作会社 フジテレビジョン
ジェイ・ドリーム
東宝
FNS27社
配給 東宝
公開 日本の旗2015年7月18日
香港の旗2015年8月27日
台湾の旗2015年9月4日
上映時間 119分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 46.7億円[1]
前作 HERO
テンプレートを表示

フジテレビ系列で放送されたテレビドラマ『HERO』の映画版第2作。

目次

あらすじ編集

交通事故死した女性は靴を履いていなかった。小さな不審点と思われた疑問の真相をつき止めようとした久利生検事たちは、その謎の先にネウストリア公国の大使館があることを知る。

粘り強く捜査を続ける久利生たちの前に立ちはだかる、外交官特権の壁。さらに、大使館職員の関係する不法行為の疑惑と絡み、久利生に迫る危機。被害者のため、また被疑者のためにも、真実を明らかにしたいと、妨害にも屈せず、粘り強く捜査を続ける久利生たちの執念は国境を超えることができるのか。

久利生と城西支部の面々、そして雨宮の情熱は、外務官僚や大使をも動かしてゆく。

登場人物編集

主要人物編集

久利生 公平
演 - 木村拓哉
東京地検城西支部の検事。
雨宮 舞子
演 - 松たか子
大阪地検難波支部の検事。かつての久利生の検察事務官。
麻木 千佳
演 - 北川景子
久利生担当の検察事務官。
松葉 圭介
演 - 佐藤浩市
外務省欧州局長。

東京地検城西支部編集

田村 雅史
演 - 杉本哲太
城西支部検事。
遠藤 賢司
演 - 八嶋智人
田村担当の検察事務官。
宇野 大介
演 - 濱田岳
城西支部検事。
末次 隆之
演 - 小日向文世
宇野担当の検察事務官。
馬場 礼子
演 - 吉田羊
城西支部検事。
井戸 秀二
演 - 正名僕蔵
馬場担当の検察事務官。
川尻 健三郎
演 - 松重豊
城西支部部長検事。
牛丸 豊
演 - 角野卓造
東京地検本庁次席検事。
小杉 啓太
演 - 勝矢
城西支部警備員。

大阪地検難波支部編集

一ノ瀬 隆史
演 - 大倉孝二
雨宮担当の検察事務官。
木下 高雄
演 - イッセー尾形
部長検事。

その他編集

マスター
演 - 田中要次
城西支部の検事・事務官が行きつけのバー「St.George's Tavern」のバーテンダー。
三城 紗江子
演 - 森カンナ
交通事故の被害者で、雨宮が担当する広域暴力団二崎会の恐喝事件の証人。パーティーコンパニオン。
徳本 健也
演 - 新井浩文
交通事故の加害者。被害者がいきなり道路に飛び出してきたと主張。
矢口 繁之
演 - 児嶋一哉アンジャッシュ
弁護士。雨宮のお見合い相手。
田村 美由紀
演 - 近藤春菜ハリセンボン
牛丸次席の娘で、田村の妻。写真のみでの出演。
ジャック・ローラン
演 - ジェームズ・C・バーンズ
ネウストリア公国大使。
クレマンス・ヴェルネ
演 - グレッグ・デール
ネウストリア公国公使。
エリック・コールマン
演 - エリック・ヘルマン
ネウストリア公国大使館員。被害者が亡くなる2時間前に被害者と会っていた。
高城
演 ‐ 中丸新将
最高検監察指導部長。城西支部長の川尻を大使館及び治外法権絡みで事情聴取を行う。
並木 佳津江
演 ‐ 峯村リエ
自称占い師の女。
壇原 段
演 ‐ 宇梶剛士
テレビシリーズで登場した刑事。
川端 可憐
演 ‐ 長野美郷
他出演
東根作寿英佐渡稔YOU三浦貴大

スタッフ編集

撮影地編集

一部のロケは神戸フィルムオフィスの協力により兵庫県神戸市で行われ[2]、ネウストリア公国大使館として兵庫県公館[3]、雨宮舞子が勤める検察庁難波支部として海岸ビルヂングが使用された[4]

HERO THE TV編集

公開当日に生放送された。

  • 出演者
    • 木村拓哉
    • 北川景子

陣内智則のプレゼンは時間の関係で省略となった(エンディングの浜辺のシーンで松たか子とのアドリブ)。

作品の評価編集

受賞編集

テレビ放送編集

2016年12月10日に、フジテレビ系列の『土曜プレミアム』で地上波初放送された[7](21:00 - 23:20。解説放送 / 文字多重放送)。

備考編集

  • 本作で親子役を演じた角野卓造と近藤春菜(ハリセンボン)は、同年(2015年)のNTTドコモのCMでも親子役を演じている。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ ほか3作品(『映画 ビリギャル』『愛を積むひと』『脳内ポイズンベリー』)と合わせて受賞。

出典編集

  1. ^ 2015年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  2. ^ HERO”. 神戸フィルムオフィス. 2015年8月13日閲覧。
  3. ^ 兵庫県公館”. 神戸フィルムオフィス. 2015年8月13日閲覧。
  4. ^ 海岸ビルヂング”. 神戸フィルムオフィス. 2015年8月13日閲覧。
  5. ^ “【報知映画賞】吉田「羊年景気」舞台女優から18年…「天にも昇る気持ち」”. スポーツ報知. (2015年11月26日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/feature/hochi_eigashou/20151125-OHT1T50225.html 2015年11月26日閲覧。 
  6. ^ 第60回「映画の日」中央大会開催、金賞は「妖怪ウォッチ」「ベイマックス」”. 映画.com (2015年12月2日). 2015年12月2日閲覧。
  7. ^ TVステーション」(ダイヤモンド社)関東版2016年25号 58号

外部リンク編集