メインメニューを開く

ラヴソング (2016年のテレビドラマ)

ラヴソング』は、2016年4月11日から6月13日までフジテレビ系「月9」枠で放送されたテレビドラマである。主演は福山雅治で『ガリレオ』(2013年)以来3年ぶりの連続ドラマ主演となる[1]。脚本は、2014年に第26回フジテレビヤングシナリオ大賞を受賞した倉光泰子のオリジナル作品[2]

ラヴソング
ジャンル テレビドラマ
脚本 倉光泰子
神森万理江
演出 西谷弘
相沢秀幸
平野眞
出演者 福山雅治
藤原さくら
菅田将暉
水野美紀
エンディング 藤原さくら「Soup
プロデューサー 鈴木吉弘
草ヶ谷大輔
制作 フジテレビ
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2016年4月11日 - 6月13日
放送時間 月曜 21:00 - 21:54
放送枠 フジテレビ月曜9時枠の連続ドラマ
放送分 54分
回数 10
公式サイト

特記事項:
初回は30分拡大(21:00 - 22:24)の上、別途20:59 - 21:00に『「ラヴソング」放送直前!カウントダウンSP』を放送。
テンプレートを表示

吃音症のため対人関係に苦手意識を持つヒロインの少女と、元ミュージシャンで臨床心理士の主人公が音楽を通して心を通わせるラブストーリーである[3]

あらすじ編集

神代広平は、かつてプロのミュージシャンだったが、ある出来事をきっかけに引退し、現在は臨床心理士として働いている。そんな彼の元に、吃音症を持つ少女・佐野さくらがカウンセリングを受けにやって来た。吃音を気にして周囲の人とうまくコミュニケーションがとれないさくらだが、好きな歌を歌う時だけは吃音が出ない。彼女が歌う「500マイル」を聞き、その隠れた美声と才能に気付いた広平の心に、さくらの才能を花開かせたいという思いと共に、諦めかけていた音楽への情熱が再び湧き上がってくる。二人は音楽を通じて心を通わせて行く。

キャスト編集

神代 広平(かみしろ こうへい)
演 - 福山雅治
本作の主人公。臨床心理士で元プロミュージシャン。かつてヒット作を1つ発表しただけで、その後は全く売れず引退したものの、音楽への未練を絶ち切れずにいる。また、ある事件から女性を真剣に愛することができず、定住もなく女性の住居を転々としていた。さくらに出会ってから次第に音楽に向き合うようになるなど変化が生じ始める。また、第4話以降は賃貸マンションに定住するようになる。
佐野 さくら(さの さくら)
演 - 藤原さくら[4][5]
本作のヒロイン。広島児童養護施設で育つ。同じ施設で育った真美の上京から2年後に上京する。大型バイクを所持している。現在は大型車の整備・販売会社「ビッグモービル」の整備部で働いているが、吃音症がありほとんど話そうとしないため、職場の同僚にもなじめず上司にも理解を得られないなど自分の人生に嫌気が差している。実は天賦の美声持ちという本人も自覚していなかった才能を持っており、広平との出会いで才能を見出され、音楽を通じて変わっていく。
天野 空一(あまの そらいち)
演 - 菅田将暉
広島の児童養護施設で育った、さくらの幼馴染。両親から虐待を受けた末に捨てられた過去から人間不信となり、自己防衛本能が強くトラブルメーカーになることも少なくないが、根は純粋で優しい。さくらに憎まれ口を叩いているが内心では好意を寄せており、彼女への献身は本物。料理人を目指して調理師専門学校に通っている。
中村 真美(なかむら まみ)
演 - 夏帆
広島の児童養護施設からのさくらの姉代わりとも言うべき存在。さくらより2年先に上京し現在はキャバクラで働いている。婚約者の野村との児を妊娠している。さくらと共に暮らしてきたが自身の結婚を機にさくらに自立してほしいと願っている。
滝川 文雄(たきがわ ふみお)
演 - 木下ほうか
さくらの会社の上司。さくらには何かと冷たく当たる。
高橋 正志(たかはし まさし)
演 - 阪本奨悟
さくらの会社の新入社員
野村 健太(のむら けんた)
演 - 駿河太郎
真美の婚約者。さくらの同僚でもある。
宍戸 夏希(ししど なつき)
演 - 水野美紀
広平の昔のバンド仲間。キーボード担当。現在は言語聴覚士・音楽療法士としてクリニックを開いている。
増村 泰造(ますむら たいぞう)
演 - 田中哲司
広平の昔のバンド仲間。ベース担当。現在は広平の勤める病院で耳鼻科医をしている。
星田 和夫(ほしだ かずお)
演 - 渋川清彦
広平の昔のバンド仲間。ドラム担当
笹 裕司(ささ ゆうじ)
演 - 宇崎竜童
ライブハウス「S」のオーナー。
渡辺 涼子(わたなべ りょうこ)
演 - 山口紗弥加
空一が通っている調理師専門学校の事務員。
宍戸 春乃(ししど はるの)
演 - 新山詩織
故人。広平の元恋人で夏希の姉。広平と一緒に音楽活動をしていた。
水原 亜矢(みずはら あや)
演 - りょう
「グリスターミュージック」音楽制作1部部長。
桑名 喜和子(くわな きわこ)
演 - りりィ
「グリスターミュージック」取締役・音楽制作室長。
弦巻 竜介
演 - 大谷亮平[6]
広平の昔馴染み。現在はレコード会社勤務。
CHERYL(シェリル)
演 - Leola
「トップレコーズ」のトップアーティスト。
小川 奈々子(おがわ ななこ)
演 - 納富有沙
榎本 理緒(えのもと りお)
演 - 大久保聡美
宇部 優香(うべ ゆか)
演 - 未来
以上3名はさくらの会社の同僚。
宍戸 雅季
演 - 清水章吾
春乃・夏希の父親。
湯浅 志津子(ゆあさ しずこ)
演 - 由紀さおり(第2話-)[7]
広平の担当する患者。
坂本 桃香
演 - 武田玲奈(第4・9話)[8][9]
広平の勤める病院に勤務する看護師。
大瀬良(おおせら)
演 - 永島優美(第4話)[10]
広平のカウンセリングを受けに来る「ビッグモービル」社員。
のぞみ
演 - 山崎真実(第6話)[11]
さくらと待ち合わせをする喫茶店で広平が偶然再会した知り合い。
役名のない出演者
高畑淳子(第1話)
広平のカウンセリングを受けに来る「ビッグモービル」社員。
志賀廣太郎(第2話)
救急搬送された真美を診療した医師。
石川恋(第4話)[12]
塒を求めて他人の家を転々とする広平を家に泊める女性の一人。

スタッフ編集

  • 脚本 - 倉光泰子(第1話-第4話・第6話-第8話・最終話)、神森万理江(第5話・第9話)
  • 脚本協力 - 倉光泰子、神森万理江
  • 演出 - 西谷弘平野眞、相沢秀幸
  • プロデュース - 鈴木吉弘、草ヶ谷大輔
  • 音楽 - 菅野祐悟
  • 主題歌 - 藤原さくら「Soup
  • 劇中歌
    • 藤原さくら「500マイル」作詞・作曲:Hedy West、日本語詞:忌野清志郎、編曲:福山雅治
    • 新山詩織「恋の中」(第1話・第3話)
    • GEEKS「DIRTY BOY」(第2話)
    • 藤原さくら「好きよ 好きよ 好きよ」(第6話・第7話)
    • Leola「Rainbow」(第7話 楽曲協力ソング[13]
  • 臨床心理士監修 - 森川隆司
  • 言語聴覚士監修 - 坂田善政
  • 医療指導 - 山本昌督
  • リサーチ - 今井紳介
  • 吃音監修 - 全国言友会連絡協議会[3]
  • 制作 - フジテレビドラマ制作センター

放送日程編集

各話 放送日 サブタイトル[14] 脚本 演出 視聴率[15]
第1話 4月11日 あなたにこの声を届けたい!!
たった一つの恋と歌が人生を変えていく!
倉光泰子 西谷弘 10.6%
第2話 4月18日 7秒の勇気で世界が変わる 09.1%
第3話 4月25日 あなたを想って歌います! 09.4%
第4話 5月02日 物語は新展開へ!涙のキス 平野眞 08.5%
第5話 5月09日 私とあなたの終わらない歌 神森万理江 08.4%
第6話 5月16日 届け…こんな歌ができたの 倉光泰子 相沢秀幸 06.8%
第7話 5月23日 溢れ出す想い…涙の告白 平野眞 06.8%
第8話 5月30日 君とキスをした夜 相沢秀幸 07.4%
第9話 6月06日 わたしが最後にしたい事… 神森万理江 平野眞 08.0%
最終話 6月13日 希望という名の最後の歌 倉光泰子 西谷弘 09.3%
平均視聴率 8.5%[15](視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯)

受賞編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ “福山「月9」で結婚後初ドラマ!”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年2月1日). オリジナルの2016年2月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160201094421/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160131-OHT1T50228.html 2016年2月1日閲覧。 
  2. ^ 月9「ラヴソング」脚本は育児が好影響 倉光泰子氏は2児のママ”. スポニチアネックス (2016年4月25日). 2017年2月12日閲覧。
  3. ^ a b 月9「ラヴソング」吃音を題材にしたワケ 藤原さくらが熱演(2016年4月18日)、スポニチアネックス、2016年4月18日閲覧。
  4. ^ “藤原さくら、ヒロイン大抜てき!月9で福山と愛のセッション”. SANSPO.COM (株式会社 産経デジタル). (2016年2月22日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160222/geo16022205040001-n1.html 2016年2月22日閲覧。 
  5. ^ 『ラヴソング』 - とれたてフジテレビ”. フジテレビ (2016年2月22日). 2016年2月22日閲覧。
  6. ^ 韓国で人気“逆輸入俳優”大谷亮平、月9「ラヴソング」で日本ドラマ初出演 ”. モデルプレス (2016年5月3日). 2017年5月18日閲覧。
  7. ^ 由紀さおりオフィシャルブログ-情報解禁です”. CyberAgent (2016年3月2日). 2017年5月18日閲覧。
  8. ^ 月9「ラヴソング」武田玲奈のナース姿に反響”. モデルプレス (2016年5月3日). 2017年5月17日閲覧。
  9. ^ 武田玲奈オフィシャルブログ-月9ドラマ「ラヴソング」9話*”. LINE Corporation (2016年6月6日). 2017年5月17日閲覧。
  10. ^ 『朝の顔・永島優美アナ、初の連ドラ出演で月9デビュー!”. フジテレビ (2016年5月2日). 2017年5月16日閲覧。
  11. ^ 山崎真実公式twitter”. Twitter, Inc (2016年5月15日). 2018年9月25日閲覧。
  12. ^ 石川恋「ラヴソング」福山雅治との“イチャイチャシーン”は「ほぼすっぴん」 ドラマデビューを振り返る”. モデルプレス (2016年5月4日). 2017年5月18日閲覧。
  13. ^ Leola Official WEBSITE”. 2016年6月15日閲覧。
  14. ^ “フジテレビオンデマンド エピソードリスト”. フジテレビ. http://fod.fujitv.co.jp/s/genre/drama/ser4755/ 
  15. ^ a b “「ラヴソング」期間平均視聴率8.5% 月9ワースト更新”. スポニチアネックス. (2016年6月14日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/06/14/kiji/K20160614012775720.html 2016年6月14日閲覧。 

外部リンク編集

フジテレビ 月曜21時枠ドラマ
前番組 番組名 次番組
ラヴソング
(2016年4月11日 - 6月13日 )
好きな人がいること
(2016年7月11日 - 9月19日)