鈴木惠一

日本のスピードスケート選手

鈴木 恵一(すずき けいいち 1942年11月10日 - )は、日本スケート連盟理事、元スピードスケート選手。

鈴木 惠一
鈴木惠一
鈴木 惠一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
所属 国土計画
誕生日 (1942-11-10) 1942年11月10日(75歳)
出身地 樺太
 
獲得メダル
スピードスケート
世界スプリントスピードスケート選手権大会
1970 総合

目次

経歴・人物編集

樺太出身。北海道苫小牧工業高等学校を経て1966年明治大学政治経済学部卒業後、国土計画に所属。

1960年代後半には世界最高レベルの500mスペシャリストであり、世界記録を保持していたこともあった。

しかし、3回出場したオリンピックではいずれもメダルに届かず、悲運の選手として知られる。特に1968年グルノーブルオリンピックでは世界記録保持者として出場し、金メダル候補と呼ばれながらレース直前に小石を踏んでしまいスケートのブレード(刃)が欠けるアクシデントに見舞われ、8位に敗れた。

1972年札幌オリンピックでは選手としてのピークは過ぎていたと評されるがリーダーシップと過去2回のオリンピック出場経験から選手団主将に選ばれ選手宣誓も行っている。

篠田正浩による記録映画『札幌オリンピック』では鈴木の練習風景、ライバルであったエアハルト・ケラー  西ドイツ/グルノーブル&札幌の500m金メダリスト)との友情、レース、鈴木の実績の紹介、を詳細に時間を割いて扱っている。

現役引退後はプロ野球西武ライオンズ球団職員に異動し、チーム広報担当を務めた。

2006年トリノオリンピックではスピードスケート日本代表監督を務め、2006年10月から日本スケート連盟理事を務める。

2010年バンクーバーオリンピックでは日本選手団全体の総監督として全競技代表の総指揮を執った。

主な競技歴編集

  • 1967年
    • 2月 - 第61回世界オールラウンドスピードスケート選手権大会(オスロ)500m 優勝 40秒9
  • 1971年
    • 札幌国際スポーツ大会(プレ五輪)500m(6位、5位)

指導者歴他編集

著書編集

  • スピードスケート (講談社刊、1974年)

外部リンク編集