メインメニューを開く

鉢伏山 (鳥取県)

日本の鳥取県にある山

概要編集

「鉢伏山」の名前を有する山は全国各地にあり、その多くはこんもりとした山容が鉢を伏せたように見えることから名付けられたと考えられている。現在、テレビ送信所のある山頂は展望台が設置されており、で直接登ることができるよう道路鳥取県道260号鉢伏川上線)が整備されている。山頂からは東郷池日本海大山などが一望でき、天気の良い日は弓ヶ浜半島まで望むことができる。

放送送信施設編集

山頂には、デジタルテレビ放送の鳥取局(毛無山)及び倉吉中継局の中間地域をカバーする鉢伏中継局と鳥取県の因幡・東伯地方をカバーするNHK鳥取放送局のFM放送の親局とエフエム山陰の鳥取東部基幹中継局と山陰放送FM補完中継局が設置されている[1][2]

2011年まで放送されていたアナログテレビ放送では、鳥取県の因幡・東伯地方や兵庫県美方郡方面[3]をカバーするVHF局としてNHK鳥取放送局の総合と教育、日本海テレビジョン放送(NKT)の親局を置いていた。
他方、UHF局の山陰放送(BSS)と山陰中央テレビジョン放送(TSK)は、鳥取県中部向けに倉吉中継局を置く一方、兵庫県へのスピルオーバーを抑制するため、鳥取の送信所は鉢伏山ではなく、毛無山に置いていた。
このことから、地上デジタル放送の鳥取県の基幹局は全局が毛無山に設置された。

地上デジタルテレビジョン放送編集

ID 放送局名 コールサイン 物理チャンネル 出力 ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数
1 NKT
日本海テレビジョン放送
-
(鉢伏中継局)
23 500mW 4W 鳥取県島根県 約2,900世帯
2 NHK
鳥取教育
13 4.1W 全国
3 NHK
鳥取総合
14 4W 鳥取県
6 BSS
山陰放送
15 4.1W 島根県・鳥取県
8 TSK
山陰中央テレビジョン放送
16 4W
  • 所在地:鳥取県東伯郡湯梨浜町白石1番地
  • 2007年8月27日放送開始。
  • リモコンキーIDについては、1・3は鳥取県のアナログテレビのパターンに従った。
  • 出力についてはアナログ時代からのUHF送信所である鳥取本社送信所や倉吉中継局への機能分割に伴い、事実上大幅な減力となる(アナログ換算で5W相当となる)が、これは当中継局は青谷アナログ中継局(出力3W)を事実上移転したため。それに伴い湯梨浜町旧泊村域への放送エリアが拡大した。

地上アナログテレビジョン放送編集

チャンネル 放送局名 コールサイン 出力 ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数 放送開始日 放送終了日
1 NKT
日本海テレビジョン放送
鳥取本局
JOJX-TV 映像1kW/
音声250W
映像15kW/
音声3.8kW
鳥取県・島根県 約100,000世帯 1959年
3月3日
2011年
7月24日
3 NHK
鳥取総合
JOLG-TV 映像10kW/
音声2.5kW
鳥取県
4 NHK
鳥取教育
JOLC-TV 映像14.5kW/
音声3.7kW
全国 1962年
12月28日
  • 所在地:鳥取県東伯郡湯梨浜町白石1番地
  • 正式な局名は、NHKが鉢伏山テレビ放送所、NKTが鉢伏山送信所。 

FMラジオ放送編集

周波数
MHz
放送局名 コールサイン等 空中線電力 実効輻射電力 放送対象地域 放送区域内世帯数
78.8 V-air
エフエム山陰
(中継局) 500W[4][5][1][6][7] 5.5kW[6] 島根県・鳥取県 約100,000世帯[要出典]
85.8 NHK
鳥取FM
JOLG-FM[7][5] 4.5kW[7] 鳥取県
92.2 BSS
山陰放送
BSS鳥取FM[1] 3kW[1] 鳥取県・島根県

NHK-FMは1964年12月24日に実用化試験局(モノラル)ならび実験局(ステレオ)で運用開始し、1969年3月1日に本放送を開始した[5]。 山陰放送はFM補完中継局として2016年11月29日に総務省中国総合通信局から予備免許が交付された[8]。翌年3月1日に本免許が交付され[1]、同日開局した[2]

  • 所在地:鳥取県東伯郡湯梨浜町[6][7][2]
  • エフエム山陰はNKTの施設を間借りしている[要出典]
  • NHKの正式局名は、鉢伏山FM放送所[要出典]

関連項目編集

脚注編集