メインメニューを開く

来歴編集

旧満州奉天生まれ。日本へ脱出する為の船が停泊する上海に向かう途中の列車の中で、終戦を迎えた。小学4年から6年にかけてはNHKラジオの番組で、児童合唱団の一員として3年間活動。武蔵中学校・高等学校千葉大学文理学部を経て、1961年日本短波放送へ入社。当初はプロ野球志望だったが、アナウンサーとして主に中央競馬実況中継を担当し、1962年1月東京開催でデビュー。GI級レース(八大競走)初実況は1963年桜花賞(勝馬:ミスマサコ)。大阪支社に4年間勤務後、メキシコシティオリンピックの中継班となった事を理由に、再び本社勤務となる。日本ダービーのレース実況を、1971年(勝馬:ヒカルイマイ)から1986年(勝馬:ダイナガリバー)まで16年連続で担当した。

競馬マスコミに携わる傍らで、たんぱストレートナイターヤロウどもメロウどもOh!にも出演し、聴取者投稿による詩の紹介を番組化した「私の書いたポエム」を1975年からセルフプロデュースで開始。大橋照子と共に出演し、30年を超える長寿番組として現在も出演している。

1987年に日本短波放送を退社後は、番組制作会社のマイ・プランに所属。引き続き競馬に携わっており、自身が担当した「中央競馬ワイド中継」では、東京と中山のメインレースを実況。日曜日の番組内第2部冒頭で、メインレース映像と共にその名調子を披露してきた。それ以外には、地上波キー局で中継出来ない代替放送時を実況をしている。

2012年5月までは、『LIVE&REPORT 中央競馬中継』にて中山メインレース(重賞競走)の実況を担当していた[1]ほか、携帯電話各社の公式サイト「競馬総合チャンネル」で、長岡が実況する、東日本主場の日曜メインレース実況を動画配信している(競馬映像コース、有料)。

現在、70歳を過ぎて競馬実況を務める唯一のアナウンサーである。過去には彼の他にも杉本清樋口忠正が70代まで実況を務めていた事はあるが、いずれも2008年の日本ダービーをもって勇退している。

また、いやだ・ようの筆名で「アチャラカ王国物語」なる小説も執筆したことがある。

週刊競馬ブックにて「マイクエッセー 競馬つれづれ帳」を連載したこともある(2006年3月6日発売号まで。丁度1000回目で終了した)。

エピソード編集

自身もワイド中継の放送がない時間(15時台)に馬券を購入しており、公式サイトでは「重賞の扉」という展望コーナーも設置している[2]。 また、番組に関しても氏の意向を取り入れており、レースの展開に関わらず「勝者を称える」ことを常に心がけているという[3]

2001年頃からワイド中継のHPやnetkeiba.comでコラムの連載を開始し、レースの展望・回顧を綴っていた。2007年1月17日までのコラムは「です・ます」調で、それ以降は「だ・である」調で記述している。なおこの頃からは、競馬に深く関わる言葉をテーマにしたコラムを掲載する傾向になっていたが、2015年ごろからは再びレースの展望や回顧中心の内容に戻った(ことわざや古典用語を挟む場合もある)。

競馬GI級競走実況歴編集

局アナ時代編集

日本国内
海外

フリー転向後編集

現在出演の主な番組編集

過去の出演編集

著書編集

  • アチャラカ王国物語(学研 1979年4月発行) いやだ・ようの筆名で出版。
  • 重賞データバンク -中央競馬-('83)(三恵書房 1983年1月発行)
  • いつも隣に競馬がいた -競馬中継三十年-(ミデアム出版社 1990年10月発行) ISBN 978-4944001187

脚注編集

  1. ^ 「中央競馬ワイド中継」では映像を番組独自で撮っていたが、当番組ではJRA公式映像に合わせて実況を行なっている。また宇野が司会担当時は実況はせず、JRA公式映像にラジオNIKKEIの音声を加えた物が流れる。
  2. ^ 特集・競馬新聞「専門誌と縁の深い人・長岡一也さんに聞く」
  3. ^ netkeiba.com スペシャルインタビュー・長岡一也さん
  4. ^ 5月と言えばオークスとシンガポール
  5. ^ ただし、中山・東京でGI開催の時は長岡が表彰式の司会を務めるため、この場合の番組司会は宇野和男が担当する。

外部リンク編集