メインメニューを開く

長崎中山氏(ながさきなかやまし)は、日本の氏族の一つ。藤原北家花山院家の支流。花山院忠宗の子中山忠親中山家)を始祖とする。忠親の曾孫中山忠義大江氏の支流である寒河江大江氏(寒河江氏)とともに出羽国に定住した。居城は長崎楯(現在の山形県東村山郡中山町)。

長崎中山氏
No image available.svg
中山杜若なかやまかきつばた
本姓 藤原北家花山院流中山庶流
家祖 中山忠義
種別 武家
出身地 山城国
主な根拠地 出羽国村山郡
著名な人物 中山朝政
中山朝正
支流、分家 青木氏
松田氏
凡例 / Category:日本の氏族

概要編集

承久の乱編集

承久3年(1221年承久の乱において大江親広後鳥羽上皇の側に付き敗れると、中山忠義は随従して寒河江荘に来住した[1]。当時、寒河江荘鎌倉幕府政所別当大江広元の義父(ともに逃れた大江親広の祖父)、多田仁綱が治めており、忠義は親広が潜居した富沢(現・山形県西村山郡大江町富沢)の最上川を挟んだ対岸伏熊(現・大江町三郷)に楯を築き警戒に当たったという。

最上川河畔の開拓編集

至徳元年(1384年)忠義から8代後継信のとき長崎村(現・山形県東村山郡中山町長崎)に館を開き居住する(『中山玄蕃頭系図』)。当時沼尻郷(長崎村)周辺は最上川の川跡の広大な湿原地帯であり、この湿原干拓の中心地に館を築いた。継信の孫宗朝の代に干拓事業は完成したという(文安2年(1445年)頃)。寒河江氏の譜代の家臣であった長崎中山氏は、継信の祖父宗貞の妹が南北朝時代に活躍した大江元政の弟に嫁ぐなど、幾重にも縁戚関係になっている。

平塩熊野神社編集

寒河江市平塩の熊野神社14世紀以降長崎中山氏の祈願所となり、元々は熊野三所権現にならい、護摩堂・内御堂・如法堂に分かれていたが、明応年間(1492年 - 1501年)に現在地に合祀された。長崎郷12か村の総鎮守であったと考えられる。平塩熊野は高屋(山形県寒河江市高屋)・伏熊・北目(山辺町北垣)に勧請された分社を置いて郷の鎮守とした。

戦国時代編集

寛正5年(1464年)谷木沢(現在の柳沢)に山楯を築いて防御を固めたり、文亀3年(1503年山野辺氏と縁戚関係を結ぶなど、寒河江氏からの自立を伺わせる事跡も見える。

天正12年(1584年)朝正は最上氏の攻撃によって寒河江氏が滅ぶと最上氏に臣従し、7,000石の知行を得ている。天正15年(1587年)最上氏の大宝寺氏攻略に同道し、庄内地方の目付として落城した尾浦城の城代をつとめ、一時東禅寺氏と共に庄内地方を取り仕切った。慶長5年(1600年関ヶ原の戦いが起こると、庄内上杉軍が六十里越街道を通って攻め寄せた。長崎中山氏は寒河江城に籠るが敗れてしまう。しかし、関ヶ原の決着が伝わり上杉軍が撤退を始めると、最上勢による追撃が行われた。

江戸時代編集

江戸時代に入ると長崎城主を務める傍ら楯岡城番などを務めた。元和8年(1622年最上氏改易となると光信は中山町長崎の地を離れ備後福山藩阿部氏に仕え家老を務めたという。傍系は「松田」「青木」姓を称し存続する。

系図編集

正二位内大臣
中山忠親
 
尾張守
忠明
 
侍従
忠朝
 
左近将監
忠義
 
周防守
忠寛
 
備中守
忠通
 
伊賀守
通清
 
出雲守
清宗
 
左衛門
宗貞
 
左京之助
貞朝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
和泉守
忠家
 
民部少輔
家義
 
家成
 
 
重広
 
教広
 
重継
 
左衛門
継信
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
義成
 
和泉守
忠成
 
修理亮
忠顕
 
中務
忠広
 
掃部頭
広満
 
修理亮
山崎忠満
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
継信
 
継直
 
式部少輔
宗朝
 
民部少輔
直正
 
式部少輔
就広
 
蔵人
満政
 
玄番頭
朝政
 
玄番頭
朝正
 
光信
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
白岩広宗妻
 
 
 
 
 
 
高教
 
岸義照妻
 
 
山野辺直広妻
 
 
山野辺広時[注釈 2]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
山崎忠勝妻
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
中野氏定妻
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
高屋知政妻
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 『中山玄蕃系図』(慶長7年(1602年)・慶安4年(1651年)奥書)は朝日町太郎祥光院松田家に伝わるもの。中山氏傍流の山崎忠勝は最上氏に付いた宗家の朝正に反し、寒河江高基の菩提を弔う松田彦次郎を頼って左沢貫見村(大江町)に関居したという。
  2. ^ 山野辺刑部養子

出典編集

  1. ^ a b 寒河江市史編さん委員会編 2001, p. 222, §. 中山玄番系図(松田家).

参考文献編集

  • 寒河江市史編さん委員会編『寒河江市史』上巻 (原始・古代・中世編)、寒河江市、1994年。全国書誌番号:95022560NCID BN11533531
  • 寒河江市史編さん委員会編『寒河江市史』[史料編 2] (大江氏ならびに関係史料)、寒河江市、2001年3月。全国書誌番号:20161764NCID BA52392891OCLC 48077251

関連項目編集