メインメニューを開く

大江 親広(おおえ の ちかひろ、旧字体:親廣)は鎌倉時代前期の武将鎌倉幕府御家人。鎌倉幕府政所初代別当大江広元の長男。母は多田仁綱の娘。妻は北条義時の娘竹殿

 
大江親広
The grave of OOE Chikahiro 2014.jpg
安中坊跡の墓所
時代 鎌倉時代
生誕 不詳
死没 仁治2年12月15日[1]1242年1月17日
改名 源親広→大江親広→蓮阿宥徳
別名 前民部少輔入道親広(1221年頃)
墓所 吉川阿弥陀堂
山形県西村山郡西川町大字吉川字中1365-2)
官位 正六位上[2]蔵人[2]
従五位[2]、右近衛将監[3][1]、左近大夫将監[2]
遠江[3][1]正五位下[3][1]、民部権少輔[3]、民部少輔[1]
武蔵守[3][1]、式部少輔[2]
幕府 鎌倉幕府 政所別当、京都守護[1]
主君 源頼家源実朝北条義時後鳥羽天皇
氏族 中原氏村上源氏中院流→大江氏
父母 父:大江広元[1]、母:多田仁綱の娘
兄弟 親広長井時広[1]那波宗元[1]
毛利季光[1]大江忠成[1]、尊俊[1]
藤原仲教室、高階惟長[1]飛鳥井雅経[1]
中原師業[1]藤原公国[1]藤原実国
北条義時の娘竹殿平時家の娘(竹御所官女)
上田佐房高元広時、佐広、藤原顕氏
特記
事項
寒河江氏[1]

目次

生涯編集

 源通親猶子となって[4][5][1]源親広と称した[1]。『吾妻鏡』には正治2年(1200年)2月記事から右近大夫将監として登場する。 はじめ鎌倉幕府2代将軍源頼家に仕える。比企能員の変での動向は、吾妻鏡には記載されていない。  建仁3年(1203年)10月、将軍となった源実朝の元服に際し、北条義時と共にその道具を用立て饗応の手配を行った[6]。11月鎌倉永福寺薬師堂の管理を命じられる[7]。父が幕府の実力者であったことから実朝に寺社奉行として重用され、北条氏からも執権義時の娘婿として厚い信任を受けた。承元3年(1209年)頃から遠江守となり[8]、この頃から政所別当の一人となる[9]建保元年(1212年法勝寺九重の塔の供養の守護を務める。建保2年(1213年)寒河江荘の大沼大行院浮島稲荷本社拝殿を修復する[10]。この年和田合戦が起こるが、塔婆供養のために上洛していた[11]

建保3年(1215年)4月京都駐在の御家人の監督を命じられ、同年6月将軍実朝の代理として栄西の臨終に立ち会う。この年から民部権の少輔となる[12]。建保4年(1216年)6月父の大江復姓に合わせて大江姓に戻った。建保5年(1217年)5月武蔵守となる[13]。また政所家司の一員を務める[14]。 建保7年(1219年)1月、実朝が公暁に暗殺されたため、出家して蓮阿と号す。同年2月、伊賀光季と共に京都守護に任じられて上洛した(ここで武蔵守と民部権少輔の職を辞した[15])。翌年一時鎌倉に戻り北条義時、北条時房、大江広元らと小弓会で会合する[16]

承久3年(1221年)の承久の乱では後鳥羽天皇の招聘に応じて官軍側に与し、近江国食渡にて幕府軍と戦ったが、敗れて京都に戻った。この戦いでは父広元は大軍による上京策を献策し鎌倉軍の士気を高め、嫡男佐房は鎌倉側東海道方面軍に加わり幕府軍の勝利に貢献した。佐房は戦後上田荘を与えられ幕府要職に就いた。

戦後は行方をくらましたが、祖父の多田仁綱が目代を務める出羽国寒河江荘に隠棲していたと言われている。また、乱後に離別させられた竹殿は、後に通親の子・土御門定通の側室となっており、定通の甥にあたる後嵯峨天皇の即位と深く関わることになる。

その後編集

承久の乱の後中央の史料からは姿を消す親広だが、隠棲したとされる寒河江荘には足跡が残る。父広元が嘉禄元年6月10日(1225年7月16日)に逝去すると、息子佐房に使いを送り阿弥陀如来の尊像を彫刻させ、胎内に広元の遺骨を納めて出羽国寒河江荘吉川(山形県西村山郡西川町)の阿弥陀堂に安置したという[2]。別当を多田仁綱がつとめ、 天福2年(1234年)多田仁綱が亡くなると阿弥陀堂脇に葬られた。仁治2年(1241年)6月吉川の館の鬼門(東北方)にこの阿弥陀堂を移築し、仁治2年12月15日に親広が亡くなると、自身も阿弥陀堂の傍らに葬られたという[2]。寒河江荘は次男高元が相続するが早世したため、鎌倉で要職についた三男広時が相続した。ただし寒河江荘北方(北寒河江荘)は北条氏の所領となり、寒河江氏は後に所領回復を目指すこととなる。

なお、南北朝期に成立した『師守記』によれば、安貞元年(1227年)5月15日に関東から上洛する途中、尾張で没したという。弟の海東忠成は尾張の熱田大宮司家の養子であり、蔵人を務めていた[17]

配下編集

承久の乱に敗れた親広は寒河江荘に隠棲したとされるが、その際付き従った配下は寒河江氏譜代の家臣として活動することになる。

系譜編集

周辺系図編集

北条義時
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
北条実泰
 
北条実時
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
竹殿
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
源通親
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
土御門定通
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
源通宗
 
源通子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
後鳥羽天皇
 
 
 
 
 
 
後嵯峨天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
土御門天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
源在子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大江広元
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大江親広
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
多田仁綱の娘
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大江広時
 
 
 
 
 
 
 
 
平時家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
竹御所官女
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上総広常
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小笠原長清
 
 

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 田村哲夫編修 1980, p. 5.
  2. ^ a b c d e f g 「安中坊系譜」
  3. ^ a b c d e f g h i j k 「尊卑文脈」
  4. ^ 「江氏系譜」『寒河江市史 大江氏ならびに関連史料』p.509
  5. ^ 「江氏系譜」『大日本史料』第5編2冊655頁。嘉禄元年6月10日
  6. ^ 『吾妻鏡』建仁三年十月小八日癸夘条。左近太夫将監
  7. ^ 『吾妻鏡』建仁三年十一月十五日条。
  8. ^ 『吾妻鏡』承元三年十月大十日庚午条。
  9. ^ 『鎌倉遺文』承元三年七月廿八日「将軍家政所下文案」筑前宗像神社文書
  10. ^ 「大沼大行院系図」『寒河江市史 大江氏ならびに関連史料』p.193
  11. ^ 「吾妻鏡」建保2年5月8日条
  12. ^ 「鎌倉遺文」岩松新田文書。将軍家政所下文案、建保三年三月廿二日。
  13. ^ 『吾妻鏡』
  14. ^ 『吾妻鏡』建保6年12月20日条
  15. ^ 『吾妻鏡』承久1年7月19日条、武蔵守足利義氏
  16. ^ 『吾妻鏡』承久2年5月20日条
  17. ^ 「師守記」康永元年6月5日条。『山形県立米沢女子短期大学附属生活文化研究所報告』「寒河江系『大江氏系図』の成立と史料的価値について(上)」佐々木紀一,2014,p.3

参考文献編集

  • 『近世防長諸家系図綜覧』防長新聞社山口支社編、三坂圭治監修、防長新聞社、1966年3月。全国書誌番号:73004060NCID BN07835639OCLC 703821998 国立国会図書館デジタルコレクション
  • 五味文彦・本郷和人『現代語訳 吾妻鏡』吉川弘文館、2009

関連資料編集

関連項目編集