メインメニューを開く

長崎市立上長崎小学校(ながさきしりつ かみながさきしょうがっこう、Nagasaki City Kami-Nagasaki Elementary School)は、長崎県長崎市下西山町にある公立小学校。略称「上小」(かみしょう)。

長崎市立上長崎小学校
Nagasaki City Kaminagasaki Elementary School.JPG
過去の名称 第五大学区第一中学校区鳴滝小学校
桜馬場小学校
簡易城山小学校
上長崎村立上長崎尋常小学校
上長崎村立上長崎尋常高等小学校
長崎市立上長崎尋常高等小学校
長崎市立上長崎国民学校
国公私立の別 公立学校
設置者 長崎市
設立年月日 1876年明治9年)10月
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
所在地 850-0004
長崎県長崎市下西山町9番1号

北緯32度45分24.2秒 東経129度53分8.4秒 / 北緯32.756722度 東経129.885667度 / 32.756722; 129.885667座標: 北緯32度45分24.2秒 東経129度53分8.4秒 / 北緯32.756722度 東経129.885667度 / 32.756722; 129.885667
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

概要編集

歴史
1876年(明治9年)に開校した「第五大学区第一中学校区鳴滝小学校」を前身とする。
学校教育目標
スローガン「よりよく変わろう ステップアップ上小!!」
校章
星(☆)を背景にし、中央に校名の「上」の文字を置いている。
校歌
3番まであり、3番の歌詞の中に、校名の「上長崎」が入っている。シーボルト宅跡に開設された歴史により「偉人の家の跡占めて」という歌詞がある。
校区
中学校区は長崎市立片淵中学校[1]

沿革編集

  • 1876年(明治9年)10月 - 上長崎村中川郷[2]シーボルト学室跡の家屋で、「第五大学区第一中学校区鳴滝小学校」として開校。
  • 1878年(明治11年)- 一旦閉校。
  • 1880年(明治13年)- 馬場郷(現・桜馬場町)の天満宮社務所を借用し、「桜馬場小学校」として再開。
  • 1882年(明治15年)- 馬場郷下道(現・桜馬場町155)に土地家屋を購入の上移転し、「簡易城山小学校」に改称。
  • 1890年(明治23年)- 簡易城山小学校を廃止し、児童を長崎県師範学校附属小学校に委託。
  • 1893年(明治26年)4月 - 長崎県師範学校附属小学校への委託を解消し、西山町三丁目[3]42番地に「上長崎村立上長崎尋常小学校」を設置。開校式を挙行。
  • 1895年(明治28年)9月 - 生徒数の増加で校舎が手狭になったため、片淵町三丁目[4]56-58番地の場所に新校舎2棟を建設。
  • 1898年(明治31年)- 市村分合により、100名ほどの児童を長崎市に移管。
  • 1901年(明治34年)4月 - 高等科(4ヶ年)を設置し、「上長崎尋常高等小学校」と改称(尋常科4年・高等科2年)。
  • 1902年(明治35年)- 本河内分教場を開設。
  • 1903年(明治36年)8月 - 木場[5]分教場を開設。
  • 1908年(明治41年)4月 - 小学校令の改正により、尋常科(義務教育期間)が4年から6年間に延長され、高等科の修業年限が2年となる。
  • 1918年大正7年)4月 - 長崎県師範学校代用附属小学校[6]となる。(5年間)
  • 1920年(大正9年)10月 - 上長崎村の長崎市編入に伴い、「長崎市立上長崎尋常高等小学校」となる。
  • 1938年昭和13年)10月 - 西山町長崎市立高等女学校[7]跡(現在地)に4年生以上の児童を収容し、授業を開始。
  • 1941年(昭和16年)4月1日 - 国民学校令の施行により、「長崎市立上長崎国民学校」と改称。
  • 1947年(昭和22年)4月1日 - 学制改革(六・三制の実施)により、「長崎市立上長崎小学校」(現在名)と改称。
  • 1950年(昭和25年)6月 - 木場分校を新築移転。
  • 1952年(昭和27年)4月 - 移築校舎が完成。
  • 1969年(昭和44年)3月 - 木場分校を閉校。本校の新校舎が完成。
  • 1972年(昭和47年)4月 - 体育館が完成。
  • 1976年(昭和51年)11月 - 創立100周年記念式典を挙行。記念碑を建立。
  • 2006年平成18年)10月 - 創立130周年記念式典を挙行。
  • 2007年(平成19年)4月 - 特別支援教室(病弱)を開設。
  • 2009年(平成21年)2月 - AEDを設置。
  • 2010年(平成22年)7月 - プールを解体。新校舎建設工事に着工。
  • 2011年(平成23年)9月 - 新校舎(第一期)が完成し、移転。長崎市立坂本小学校との親子方式[8][9]給食を開始。
  • 2012年(平成24年)
    • 2月 - 旧校舎解体工事が完了。旧校舎は長崎市最古の鉄筋コンクリート造校舎[10](旧・長崎市立高等女学校校舎)であった。
    • 3月 - 教室棟屋上に防災行政無線拡声設備を設置。
    • 体育館の部分改修・改築工事、給食室の建設が行われている。

アクセス編集

最寄りの鉄道駅
最寄りのバス停
  • 県営バス 上長崎小学校前バス停で下車後、徒歩1 - 2分。長崎駅方面から6番・12番循環バスに乗車する。
最寄りの国道・県道

周辺編集

参考資料編集

脚注編集

  1. ^ 長崎市立小・中学校 校区一覧(PDF)- 長崎市教育委員会ウェブサイト
  2. ^ 現・長崎市鳴滝
  3. ^ 1992年(平成4年)の町界町名変更により、西山一-四丁目となった。
  4. ^ 1981年(昭和56年)11月1日の第21回町界町名変更の際に片淵二-五丁目となった。
  5. ^ 読みは「こば」。
  6. ^ 現在で言う長崎大学教育学部附属小学校の代用。
  7. ^ 現在の長崎県立長崎東高等学校長崎県立長崎西高等学校の源流となる学校の1つ。
  8. ^ 調理場を持つ自校方式の学校が、調理場を持たない学校の給食調理も行う方式。自校方式とセンター方式の中間形態。調理場を持つ方が「親」、調理場を持たない方が「子」となり、一般に距離の近い学校同士で行われる。
  9. ^ 上長崎小学校が校舎(給食室を含む)改築中のため、坂本小学校が親、上長崎小学校が子となり、上長崎小学校の給食室が完成するまでの間、給食の調理・配送を行っている。
  10. ^ a b c 長崎東高・西山校舎跡地を訪ねて」(長崎東高等学校在京同窓会ウェブサイト)に解体前の旧校舎の写真が掲載されている。
[ヘルプ]

関連事項編集

外部リンク編集