長田重一

日本の生物学者

長田 重一(ながた しげかず、1949年(昭和24年)7月15日 - )は、日本生物学者分子生物学)である。大阪大学フロンティア研究センター免疫学教授。石川県金沢市出身[1]

長田 重一(ながた しげかず)
生誕 (1949-07-15) 1949年7月15日(70歳)
日本の旗 日本 石川県金沢市
居住 日本の旗 日本
スイスの旗 スイス
国籍 日本の旗 日本
研究分野 分子生物学生化学
研究機関 東京大学
チューリッヒ大学
大阪大学
京都大学
出身校 東京大学
博士課程
指導教員
上代淑人
主な業績 細胞死の分子機構に関する研究
主な受賞歴 ロベルト・コッホ賞(1995年)
恩賜賞日本学士院賞(2000年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

概要編集

1977年東京大学大学院理学系研究科博士課程を修了。理学博士「ポリペプチド鎖延長因子1.EF-1の精製と機能」。チューリッヒ大学分子生物学研究所研究員、東京大学医科学研究所助手、大阪バイオサイエンス研究所分子生物学研究部部長、大阪大学大学院生命機能研究科時空生物学教室教授・医学系研究科遺伝学教室教授を経て、2015年より大阪大学免疫学フロンティア研究センター教授。2010年日本学士院会員

アポトーシス研究の第一人者として知られ、サイトカインであるINF-αG-CSFの遺伝子を分離し、その構造を解明した。

受賞・叙勲歴等編集

脚注編集

[ヘルプ]

外部リンク編集