長野 羊奈子(ながの よなこ、本名:若杉 羊奈子、? - 2014年10月20日)は、日本の声楽家メゾソプラノ)、音楽教育者。夫は指揮者若杉弘。夫の父は外交官若杉要[1]

経歴編集

東京芸術大学音楽学部声楽科卒業。1958年旧西ドイツ政府給費留学生としてベルリン国立音楽大学に留学。 4年後、卒業と同時にベルリン・ドイツ・オペラ研究生[2]。1963年[2]日本人として初めてベルリン・ドイツ・オペラの正団員となり[1]、「フィガロの結婚」のケルビーノ、「蝶々夫人」のスズキ[1]、「カルメン」「魔笛」「サロメ」など多くのオペラに出演[2]。同年10~11月[3]、ドイツ・オペラ来日の際に、同歌劇団員の一人として6年ぶりに帰国し「ヴォツェック」のマルグレート役で日本デビュー[2]

畑中良輔ヘルベルト・ブラウアー田中路子に師事[1]

1965年帰国後まもない11月[2]に、新ウィーン楽派歌曲による独唱会により、芸術祭大賞[1]。1967年1月には東京モーツアルト劇場第2回公演「フィガロの結婚」ケルビーノを演じる。同年7月には二期会創立15周年記念公演ワーグナーパルジファル」クンドリーを演じる[3]。1969年1月には二期会公演ワーグナー「ラインの黄金」フリッカを演じている。その後も多数のオペラに出演し、出演回数は現在記録されているだけで37回に及んでいる[3]

その他にも、ベルリン・フィルカラヤン第九」ソリスト(録音あり)[4]読売日本交響楽団「第九」ソリスト(録音あり)[5]日本フィルハーモニー交響楽団リゲティ「レクイエム 」(日本初演)ソリスト[6]東京都交響楽団マーラー交響曲第8番「千人の交響曲」ソリスト(録音あり)[7]大阪フィルハーモニー交響楽団マーラー交響曲第2番「復活」ソリスト[8]名古屋フィルハーモニー交響楽団マーラー「亡き子をしのぶ歌[9]、他にも宗教曲のレコーディング等の演奏を数多く務め、優れた歌唱力と舞台上の際だった存在感により、オペラ、リート、オラトリオ歌手として確固たる地位を築いた。元・二期会会員。

音楽教育者としては、東京芸術大学音楽学部講師を経て、桐朋学園大学客員教授を務めた。門下生には、藤原映子[10]、岡田彩子[11]小山由美[12]、三浦泰子[13]、佐々木倫子[14]、飯野幸子[15]などがいる。とりわけ小山は日本を代表する国際的なメゾソプラノ歌手としての地位を築いている。

晩年は、水戸芸術館の企画で、1995年5月初演以来全国で12公演を数える音楽物語「ぞうのババール」、「オペラの花束をあなたへ-IX ヴェルディ:歌劇 <リゴレット>ハイライト」(1996年4月)などで表現力豊かなナレーションを聴かせた。

2014年10月20日8時55分、東京目黒区の病院で肺炎のため逝去。81歳没[16]

2015年、長野の遺贈により、音楽研究科博士後期課程(声楽)の学生で、成績優秀な者を対象に給付する「長野羊奈子賞奨学金」が設立された[17]

主な顕彰編集

主な録音編集

脚注・出典編集

  1. ^ a b c d e 若杉要”. 歴史が眠る多磨霊園. 2020年2月20日閲覧。
  2. ^ a b c d e 慶應義塾ワグネル・ソサィエティー男声合唱団第94回(1969年)定期演奏会パンフレット
  3. ^ a b c 長野羊奈子”. 昭和音楽大学オペラ情報センター. 2020年2月20日閲覧。
  4. ^ a b ベートヴェン交響曲全曲連続演奏会”. キングインターナショナル. 2020年2月20日閲覧。
  5. ^ a b ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱付き」(渡辺洋子/長野羊奈子/藤沼昭彦/栗林義信/読売日本交響楽団/近衛秀麿)”. NAXOS. 2020年2月20日閲覧。
  6. ^ これまでの演奏会”. 日本フィルハーモニー交響楽団. 2020年2月20日閲覧。
  7. ^ a b マーラー:交響曲第8番「千人の交響曲」/フォーレ:レクイエム”. Joshin web ショップ. 2020年2月20日閲覧。
  8. ^ 朝比奈 無制限一本勝負 マーラー 交響曲第2番「復活」”. 石田工房. 2020年2月20日閲覧。
  9. ^ アーカイブ 第13回定期演奏会”. 名古屋フィルハーモニー交響楽団. 2020年2月20日閲覧。
  10. ^ 講師紹介”. スガナミ楽器. 2020年2月20日閲覧。
  11. ^ 西部公民館だより”. 調布市. 2020年2月20日閲覧。
  12. ^ 小山由美”. Weblio辞書. 2020年2月20日閲覧。
  13. ^ ハッピーボイス&ソング”. 朝日カルチャーセンター 横浜教室. 2020年2月20日閲覧。
  14. ^ トレーナー紹介”. 神戸バッハ・カンタータ・アンサンブル. 2020年2月20日閲覧。
  15. ^ 飯野幸子 声楽教室”. 飯野幸子. 2020年2月20日閲覧。
  16. ^ [お偲び] 長野羊奈子 氏(メゾソプラノ歌手)”. Sogi.jp. 2020年2月20日閲覧。
  17. ^ 東京藝術大学奨学金制度”. 東京藝術大学. 2020年2月20日閲覧。