門脇卓爾

門脇 卓爾(かどわき たくじ、大正14年1925年2月22日 - 平成24年2012年12月28日)は日本哲学者学習院大学名誉教授。米子日独協会会長。カント哲学の研究者。ボン大学より学位「Doktor der Philosophie」を取得。宗教家・実業家門脇章太郎の長男。門脇家第11代当主。

門脇 卓爾
生誕 1925年2月22日
死没 2012年12月28日
地域 日本哲学者
研究分野 カント哲学
テンプレートを表示

目次

略年譜編集

2月22日 - 鳥取県西伯郡大山町中納言平教盛の末裔と伝える旧家・門脇家の11代目として生まれる。 門脇家は江戸時代、大庄屋を務めた豪農であり、生家は門脇家住宅として現存している。

栄典編集

家族・親族編集

門脇家編集

鳥取県西伯郡大山町

子息の一人は鳥取県内で教職についている。

著書編集

単著編集

  • 『Philosophie in Japan』 Gakushuin Universität、1994年

編著編集

  • 『知と行為』 ミネルヴァ書房、1993年

訳書編集

  • ゴットフリート・マルティン著)『カント─存在論および科学論』 岩波書店、1962年
  • (カント著)『カント全集12 批判期論集』 理想社、1966年
  • (カント著)『カント全集17 書簡集1』 理想社、1977年
  • (カント著)『カント全集18 書簡集2』 理想社、1977年
  • ディーター・ヘンリッヒ著)『カント哲学の体系形式』 理想社、1979年
  • 『完訳・世界の大思想 カント』 河出書房新社、1983年
  • エルンスト・カッシーラー著)『カントの生涯と学説』 みすず書房、1986年
  • マルティン・ハイデッガー著)『ハイデッガー全集 カントと形而上学の問題』 創文社、2003年

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h 『鳥取県人名録』(企画・編集 鳥取県人名録刊行委員会 旬刊政経レポート、1987年 171頁)
  2. ^ 門脇卓爾氏死去(学習院大名誉教授) 時事通信 2012年12月30日閲覧

外部リンク編集