メインメニューを開く

関 千恵子(せき ちえこ、1930年2月8日 - )は、日本女優東京府荏原郡目黒町(現・東京都目黒区)出身。夫はプロデューサーの市川喜一。本名・市川 千恵子(いちかわ ちえこ)。

せき ちえこ
関 千恵子
本名 市川 千恵子(いちかわ ちえこ)
生年月日 (1930-02-08) 1930年2月8日(89歳)
出生地 日本の旗 日本 東京府荏原郡目黒町
職業 女優
活動期間 1947年 - 1970年代
配偶者 市川喜一
著名な家族 市川南(子)
主な作品
映画
煙突の見える場所
ひめゆりの塔
テンプレートを表示

目次

来歴・人物編集

日本女子大学附属高等女学校(現・日本女子大学附属中学校・高等学校)卒業後、大映第2期ニューフェイスに合格して、1948年大映に入社。1947年の『看護婦の日記』に主役としてデビューする。

主な出演編集

映画編集

 
映画『恋文』の衣装合わせ中(1953年。左から、香川京子花岡菊子久我美子田中絹代、関)

テレビドラマ編集

バラエティー番組編集

外部リンク編集