関 長輝(せき ながてる)は、備中新見藩の第6代藩主。新見藩関家7代。

 
関 長輝
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 安永6年6月17日1777年7月21日
死没 文政9年9月20日1826年10月21日
墓所 東京都港区白金の瑞聖寺
官位 従五位下、備前守、但馬
主計頭、右京亮
幕府 江戸幕府
備中新見藩
氏族 関氏
父母 父:関長誠
兄弟 長輝森長義
正室:森忠賛の娘
成煥(次男)長吉(三男)
テンプレートを表示

安永6年(1777年)6月17日、第5代藩主・関長誠の長男として生まれる。寛政2年4月1日、将軍徳川家斉に拝謁する。寛政7年(1795年)11月24日、父長誠の隠居により家督を継いだ。同年12月17日、従五位下備前守に叙任する。父と違って有能ではなく、また領民に対して御用銀を課すなどの一面を見せた。

文政2年(1819年)11月21日に家督を次男・成煥に譲って隠居する。文政9年(1826年)9月20日に死去した。享年50。