阮 元(げん げん、拼音: Ruǎn Yuán乾隆29年1月20日1764年2月21日) - 道光29年10月13日1849年11月17日[1])は、中国代の政治家考証学者。政治家として功績を残すと同時に、学者として多くの編纂事業にも携わった。

阮元像 1808

略歴編集

1764年、揚州儀徴県に生まれる。本貫は揚州府甘泉県(現在の江蘇省揚州市邗江区槐泗鎮)。

1789年、科挙に合格して進士になる。官僚としては山東浙江の学政、浙江・江西河南巡撫の任についた。とくに浙江には足かけ10年ほど着任して、李長庚らとともに海賊の取りしまりを行った[2]。また、西湖の浚渫事業を行い、そのときに出た泥を集めて築いた湖内の島は「阮公墩」の名で現在も残る。

1817年からは、広州両広総督をつとめる。前年にウィリアム・アマースト三跪九叩頭の礼を拒否する事件が起きたばかりであり、阮元は砲台を築いてイギリスに武力で対抗することを進言した[2]

1826年からは、雲貴総督をつとめる。1835年には体仁閣大学士の官職についた。没後、文達を贈られた。

浙江時代に「詁経精舎」、両広総督時代に「学海堂書院」という書院を建てた。やがて清末に至っては、前者には兪樾章炳麟、後者には梁啓超といった、優れた学者あるいは後の革命家が所属することになる。

著作編集

阮元の著作は非常に多いが、とくに、多くの学者を集めて作った巨大な編纂物によって現在も名が知られる。

  • 経籍籑詁』(けいせきせんこ、1798年、106巻)は、古典に出現する語彙の訓詁をまとめて平水韻の順に並べたもの[3]
  • 『疇人伝』(ちゅうじんでん、1799年)は中国の数学者の伝記を集めたもの[4]
  • 十三経注疏』の校勘と出版(1816年、460巻)。阮元本はその校勘記とともに現在も影印によって使用される。
  • 皇清経解』(1829年、1400巻)は、顧炎武以来の清代の経学研究書を集積したもの。のちに王先謙が『続皇清経解』を編纂した。
  • 『四庫未収書提要』は、『四庫全書』に収められていない書の概要を記したもので、没後に出版された(5巻)[5]

また、各地の地方志の編集や重刊も行い、土地ごとの詩文集を編纂した。

金石学についても貢献があり、『山左金石志』[6]、『両浙金石志』、『積古斎鐘鼎彝器款識』[7]などの著書がある。

文集に『揅経室集』[8]がある。

脚注編集

  1. ^ 古漢籍善本數位化資料庫
  2. ^ a b 清史稿』巻三百六十四・阮元列伝。
  3. ^ 経籍籑詁』。
  4. ^ 疇人伝』。
  5. ^ 揅経室外集 四庫未収書提要』。
  6. ^ 山左金石志』。
  7. ^ 積古斎鐘鼎彝器款識』。
  8. ^ 揅経室集』。

関連文献編集

阮元の60歳の記念に龔自珍が書いた文章。
『阮元年譜』とも呼ばれる、大部の阮元伝。
  • 阮元原著・井土霊山和訳「南北書派論」『書道及画道 第三巻 第二号』

外部リンク編集

関連項目編集