難波望

日本の脚本家

難波 望(なんば のぞむ、1976年10月28日 - )は、日本の脚本家日本シナリオ作家協会会員。

難波望
プロフィール
誕生日 1976年10月28日
出身地 岡山県岡山市
主な作品
映画

『かぐらめ』

『おっさんずぶるーす』
受賞
福岡インディペンデント映画祭優秀作品賞
テンプレートを表示

経歴編集

岡山県岡山市生まれ。日本映画学校(現・日本映画大学)映像科脚本コース卒業。在学中は、脚本家の桂千穂高山由紀子に師事。 同期には、脚本家の高橋郁子、映画監督の新藤風などがいる。 映像制作会社勤務、テレビ番組リサーチャー等を経て脚本作家として本格的に活動を始める。 2015年に劇場公開された『かぐらめ』は、第39回モントリオール世界映画祭のファースト・フィルム・ワールド・コンペティションにノミネートされる[1]など国内外の映画祭でも上映された。

2012年より、よみうりカルチャー荻窪、目黒区社会教育指導員、芸能事務所主催のワークショップなどで指導に携わっている。 また映画脚本のほか、各種企業VPなどの脚本・プロデュースも手がけている。

2022年製作の監督作、オムニバス映画『オトギネマ』では、ドゥルック国際映画祭[2]、コルカタ国際カルト映画祭[3]などにおいて、新人監督賞を受賞。また第14回福岡インディペンデント映画祭では優秀作品賞を受賞[4]した。

作品編集

映画編集

  • 『渚のチョコレッタ』2004年 脚本・監督・編集
  • 『東京蒼景』2008年(監督:前田直樹) 脚本・プロデュース(東京ネットムービーフェスティバル2008入選)
  • 『どん底スラッガー』2011年(監督:大野仁志) 脚本
  • かぐらめ』2015年(監督:奥秋泰男) 脚本
  • 『海辺の弔い』2017年(監督:BEBE) 脚本
  • 『東京橙景』2021年(監督:前田直樹) 脚本
  • 『おっさんずぶるーす/21世紀のおじさん』2022年(監督:前田直樹) 脚本
  • 『オトギネマ』2022年 監督・共同脚本・プロデュース

テレビドラマ編集

テレビ番組編集

ミュージックビデオ編集

  • 『ソラゴト』(りあん)2020年 脚本・監督

  東京MX 地上波 オンエア

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集