メインメニューを開く

雲居寺(うんごじ)は、中華人民共和国北京市房山区の白帯山(山腹に白帯のような雲が廻ったことによる名であり、別名を石経山とも)の西南麓に位置する寺院(北京市の城区から75km)である。別名を「西域寺」(正式には「西域雲居禅林」)とも称している。旧来の建築物は、日中戦争時期に破壊され、僅かに数座と蔵経洞中の石経を残すのみであった。1961年に、雲居寺塔と石経が、第一批国家重点文物保護単位に指定された。

雲居寺 (北京市)
Guanyin hall yunju temple.jpg
雲居寺の観音堂
各種表記
繁体字 雲居寺
簡体字 云居寺
拼音 Yúnjūsì
注音符号 ㄩㄣˊ ㄐㄩ ㄙˋ
発音: ユンジュースー
テンプレートを表示

目次

歴史編集

雲居寺は、隋代の高僧静琬が建立した寺で、山麓沿いに建築物が建立された。静琬は、南北朝廃仏中に多くの仏経が破壊されたが、石刻の仏経(=石経)の多くは破壊を免れたことを教訓に、山上に石を鑿って石室を造り、石経を作成し仏経を保存した。開元年間と遼代に刻経活動は最盛期を迎え、唐代には玄宗によって『開元大蔵経』が雲居寺に下賜され、刻経の底本とされた。

遼代には、『契丹蔵(契丹版大蔵経)』を底本とした刻経が行われた。今日では、その双方の大蔵経が亡佚したため、雲居寺の石経は、その他の版本と校勘する際の一次史料とされている。刻経が盛んに行われ遼代には蔵経洞に石経を収容しきれない状況となったため、山麓に別の石室を穿ち、石経を安置した。刻経活動は、明代まで継続され、刻造された石経は計14,278枚に及んでいる。

石経のほか、唐代の塔が7座、遼代の塔が5座遺されている。1981年11月27日、蔵経洞の中の「雷音洞」の修復を進行中に、一つの套函を発見し、その中から2顆の釈迦牟尼仏の肉身舎利とされるものを発見した。1999年、雲居寺所蔵の遼金石経は、保護処置を完了し、全て又、地中に埋め戻された。

雲居寺塔編集

1110年乾統10年)と代の1160年正隆5年)の碑文により、1092年大安8年)に建立された釈迦仏舎利塔であることが判る。8角6層の塔で、南方の智度寺の塔を南塔、雲居寺の塔を北塔と呼んでいた。

参考文献編集

  • 村田治郎「河北省涿縣雲居寺塔と智度寺塔」(『建築學會論文集』No.20、1941年
  • 氣賀澤保規編『中國佛教石經の研究:房山雲居寺石經を中心に』(京都大学学術出版会、1996年ISBN 4-87698-031-4

外部リンク編集