メインメニューを開く
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

雷牙』(らいが)は、テクモより1991年に発売されたアーケード版シューティングゲーム

雷牙
ジャンル シューティングゲーム
対応機種 アーケードゲーム[AC]
Xbox
開発元 テクモ
発売元 テクモ
人数 1~2人
発売日 [AC]1991年
[Xbox]2005年10月27日
その他 Xbox版はテクモクラシックアーケードに収録
テンプレートを表示

概要編集

8方向レバー、2ボタン(ショット、方向転換)で操作を行う。方向転換ボタンを押すと自機の左右の向きが変わる。武器はメイン系、サブ系、ガード系の3種類(後述)があり、敵を倒しながら進んでいく。全6ステージ×2周を合わせると全12ステージとなっている。

音楽はメタルユーキ(斎藤幹雄)が担当しており、本作5面の曲「Dog Fight II」は『スーパースターフォース』0316年・0001年の曲「Dog Fight」のアレンジとなっている。さらに後にメタルユーキはコナミ(→コナミデジタルエンタテインメント)に移籍するが、移籍後の第1作となる『サンダークロスII』では本作からの効果音の流用も行われている。また曲も本作3面の曲「Kartus」が『サンダークロスII』ステージ2の曲「Kartus Part2」として、「Dog Fight II」が『サンダークロスII』ステージ4の曲「Dog Fight III」としてアレンジされ使用されている(正確にはリアレンジではなく、「曲のコンセプトが一緒なので、同タイトルにナンバリングした」とのこと)。

武器編集

メイン系
  • イオンランチャー - 前方に直進する。連射がきき威力も高い。
  • バーティカル - 前と上下垂直方向の計三方向に発射する。2連射までしか出来ない。
  • ショットガン - 前方三方向に発射する。イオンランチャーとバーティカルの中間と言える。
サブ系
  • ホーミングミサイル - 自動的に敵を追尾するミサイルを同時に二発発射する。威力は低い。
  • ボマー - 下方向に爆弾を投下する。爆風にも攻撃判定がある。威力は高いが使いどころが難しい。
ガード系
いわゆるオプション。人形ロボットが自機をサポートしてくれる。最大二機まで。以下の三種類がある。
  • ビームライフル - 進行方向90度に存在する敵を自動的にロックオンして攻撃する。
  • ブラスター - 自機に追随して動き、前方に攻撃する。
  • ソリッドシューター - 前方に攻撃する。近距離に敵がいる場合はサーベルを振って攻撃する。

パワーアップアイテム編集

  • スピードアップ - 自機の速度が上がる。
  • シールドユニット - 三個取得するとシールドを展開する。耐久力は三発。

外部リンク編集