メインメニューを開く

青山 宏(あおやま ひろし、1923年1月11日 - )は昭和初期の俳優。本名は青山千太郎。東京府東京市生まれ。

大阪府にて広告会社の経営をしている父の元裕福な家庭で過ごす。その後、俳優になる。松竹所属として活躍するが、主演をはれる程ではなかった。撮影所の都合で京都、大船などに移り住む。

代表作品は「父帰る」(1952年、松竹)。

テレビでは、水戸黄門など主に時代劇の脇役者としても活躍した。

父の経営している広告会社である新通の役員就任。

外部リンク編集